キハ 285。 JR北海道キハ285の運命

世界初の最新技術搭載車両「キハ285系」開発中止から見えるJR北海道の惨状

2016年5月3日閲覧。 気動車の特急がすでにないこと、快速列車として運転すると収益が上がりにくいことがあります。

17

さようなら、キハ285系

サラッと触れた割にはけっこう重要なお話なので、ここでゆっくり取り上げます。

5

世界初の最新技術搭載車両「キハ285系」開発中止から見えるJR北海道の惨状

サンクコストを意識から掃き出せず、坂を転げ落ちたコンコルド。 これは前後の軸箱に繋がれたリンクが曲線通過時に伸縮し、車軸を常に軌道と直角に保つものである。

16

JR北海道の車両形式とは

しかし、開発を継続しても、25億円が返ってくるわけではありません。 JR北海道がだめなら他のところで使えないか? せっかく25億円も投じたこの車両ですからなんとか役に立たないものでしょうか。 ただ、JR北海道のハイブリッド車体傾斜システムは振り子と空気ばねを組み合わせることで傾斜角度を大きくすることに成功した。

8

さようなら、キハ285系

また、メンテの現場の負担が減れば、それだけ安全性向上に繋がります。

JR北海道の車両形式とは

気動車 [編集 ]• NE-303ユニットがスーパー白鳥に充てられたのは、あくまで新幹線開業を見据えた短期間の「つなぎ役」としてです。 札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設ける。

8

JR北海道の車両形式とは

特急おき号、号がどんどん高速車両に変わる中、取り残されてしまった存在でした。 つーか、そこか列車内から撮るかしかないですよね。 サンクコスト(sunk cost)とは、「ある事業を進めるために投下した費用で、その事業を継続しても、逆に縮小・中止しても回収できない費用」のことです。

14

JR北海道、新型特急車の開発を中止…試作3両は検測車に転用か

さて、このワイドビュー南紀号のことを考える時、 「南紀方面の最大の観光地に到達していない」ということがずっと気になっていました。

12

キハ285系とは (キハニヒャクハチジュウゴケイとは) [単語記事]

側窓の外側にを設け、製の透明保護カバーを填め込んでいる。 ただ、JR北海道のハイブリッド車体傾斜システムは振り子と空気ばねを組み合わせることで傾斜角度を大きくすることに成功した。 やはり、検測車両として使うのが妥当だったのです。