ルマン フォード。 『フォード vs フェラーリ』メイキング映像…けっこうリアル[動画]

3/4 ルマン24時間の歴史を彩った名車たち(前編) [モータースポーツ] All About

また、1966年に新たなGT40の開発中の事故で亡くなってしまいます。 フロントボンネットはラジエーターからの熱気を逃がす構造となっており、ボディーサイドからはエンジンオイルクーラーとミッションオイルクーラーに風を当てオイルを冷却します。

『フォード vs フェラーリ』の元になった実話と1966年のル・マン24時間レース

『フォードvsフェラーリ』のタイトルでわかるように、「フォードGT40」と「フェラーリ330P3」の激闘を描く。 残り2時間を切ろうとする頃、レオ・ビーブとキャロル・シェルビーは「レースの終わり方」について議論を交わした。 1945年に陸軍を除隊後、整備工として働きつつ、自動車の等に参加していた。

13

1966年のル・マンレースにて1~3位を独占した「フォードGT40 MkⅡ」がオークションに登場。予想落札価格は13.2億円

ライトウェイトスポーツカーのシャシーにパワフルなエンジンを組み合わせたコブラは大人気となり、レースでも活躍することになる。 迎えた6月のル・マン、フォードは4台のマークIV(うち2台はシェルビー)を含む7台のワークスカーを投入。

10

GT40の挑戦とル・マン 映画『フォードvsフェラーリ』のもう一つの楽しみ方

購入者にも厳しい選定がされていますが、ディーラ側にも厳しい条件が突きつけられています。 これが破談となり、残された選択肢は日産だけだった。

6

ル・マン24時間レース

ラップタイムは3分30秒台という驚異的なもので、シェルビーがドライバーだった頃とは比べものにならないペースだった。 混乱に備えて横田基地に緊急着陸の用意が調えられ、厳重警備が敷かれた中での来日だった。

2

フォード・GT40

これにより出力が530PSに強化されたエンジンを搭載したで出走。

1