フルバ スタチン。 フルバスタチン:ローコール

同じ医師に診て頂いているのですが、コレステロールを下げる薬として...

高コレステロール血症の治療に、たいへんよく使われています。 ピタバスタチン(商品名:リバロ、2003年発売)• 同じ医師に診て頂いているのですが、コレステロールを下げる薬として 彼はアトルバスタチンで私はクレストールです。 以下の病気・症状がみられる方は、• 万一、足のふくらはぎなどに筋肉痛があらわれたら、すぐに受診してください。

14

『クレストール』・『リピトール』・『リバロ』、同じコレステロールの薬の違いは?~効果の強さ、使用実績、相互作用

また、別の病気で他の病院にかかるときも、この薬を飲んでいることを必ず医師に伝えてください。 However, the effects of statins in head and neck carcinoma have not been reported. ニコチン酸(ナイアシン)を含むもの<まいたけ、たらこ、インスタントコーヒー、かつお節、まぐろ など>. そのため、『リバロ』はCYPに関係した相互作用が少ないという特徴があります。 • 大量のアルコールは、肝臓や横紋筋融解症の副作用をでやすくします。

20

KAKEN — 研究課題をさがす

基本的にはどれを処方しても大差は無いのが実情ですが、これらを検討した臨床的検討があります。 横紋筋融解症、ミオパチー..手足のこわばり・しびれ、筋肉のぴくつき、脱力、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿。 • 注意 【診察で】• また、フィブラート系の高脂血症の薬といっしょに飲むと起こりやすいといわれます。

5

KAKEN — 研究課題をさがす

指示どおりに正しくお飲みください。 そのため、使用実績が豊富で、世界でも最も広く使われています。 フルバスタチン(商品名:ローコール、1998年発売)• なお、投与は20mgより開始し、年齢・症状により適宜増減するが、重症の場合は1日60mgまで増量できる フルバスタチン錠30mg「サワイ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 【備考】• アルコール類..飲酒は控えめにしてください。

6

フルバスタチン:ローコール

心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせによっては、「横紋筋融解症」という筋肉の副作用がでやすくなります。

19

フルバスタチン錠30mg「サワイ」

• 肝臓でのコレステロールの合成をおさえます。 【臨床試験】 この系統(スタチン系)による心筋梗塞の予防効果や予後改善効果は、いくつもの大規模臨床試験で証明されています。

日本で使われているスタチン|薬剤師国家試験対策.com

アトルバスタチン(商品名:リピトール、2000年発売)• そのため、水溶性の薬と比べると、思いもよらない臓器での副作用が起こる可能性が高い傾向にあります。 8 日本薬理学会雑誌. プラバスタチン(商品名:メバロチン、1989年発売)• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 注意が必要なケース..肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症、筋疾患、感染症、外傷後、代謝・内分泌障害、電解質異常、コントロール困難なてんかんのある人、高齢の人、酒量の多い人など。

13

フルバスタチン錠30mg「サワイ」

重症内分泌障害 患者の属性に応じた注意喚起• このように処方されている薬が違うのは、クレストールを何錠か飲む事より 1錠で済むから、彼はアトルバスタチンを処方されているという事なのでしょうか? それとも、作用の違いとかあるのでしょうか? 実際のサジ加減は処方した医者に聞いてみないと分かりません。 回答:強力な『クレストール』、使用実績が豊富な『リピトール』、相互作用が少ない『リバロ』 『クレストール(一般名:ロスバスタチン)』、『リピトール(一般名:アトルバスタチン)』、『リバロ(一般名:ピタバスタチン)』は、いずれもLDL-コレステロール(LDL-C)値を下げる「HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)」です。

19

『クレストール』・『リピトール』・『リバロ』、同じコレステロールの薬の違いは?~効果の強さ、使用実績、相互作用

電解質異常• こうした背景から、水溶性のスタチンを推奨すべきという声もあります8。 • 作用 【働き】• 5mg、『リピトール』10mg、『リバロ』2mgに設定して比較した場合、LDL-C値やトリグリセリド値を下げる効果は同じで、副作用の発生頻度も同じだったことが示されています2。 『クレストール』は、 用量の幅が大きく、最も強力な作用を期待できます。

11