大 勲 位 菊花 章 頸 飾。 Wikizero

大勳位菊花章頸飾

『皇族・華族 古写真帖』、新人物往来社、2003年(平成15年)8月、• ただし、外国元首など、大勲位菊花章頸飾と大勲位菊花大綬章しか持たない場合、大勲位菊花章頸飾に大勲位菊花大綬章の正章(大綬章)を佩用しても差し支えないとされている。

17

大勋位菊花章颈饰

因為大勳位菊花大綬章是大勳位菊花章頸飾是同一類別的下級勳章(同種類必須佩戴較高級的勳章)。 参考文献 [ ]• 大日本帝国憲法時代のでは、大勲位帯勲者はなどの現職高官をも上回る序列第一類に属し、受章者に次ぐ第二位であった。

10

大勋位菊花章颈饰

連環を構成する楕円形部品の長径は28mm、中央の菊葉は39mmである(各種勲章及び大勲位菊花章頸飾の制式及び形状を定める内閣府令6条)。

15

大勲位菊花大綬章

皇族などの旧写真においてやの授章記録の無い者であるにも関わらず、これら三章の併佩が見られるのはこのためである。 外国元首などの場合は後者に該当し、頸飾章と同時に大勲位菊花大綬章を授与されるため、佩用の際には大勲位菊花大綬章の副章を用いる。

大勲位菊花章頸飾

『日本の勲章 逸話でつづる百年史』りくえつ、1979年(昭和54年)•。 の内閣・自由民主党合同葬にて供えられた大勲位菊花大綬章(中央右)(、にて) 、、というこれら三種の普通勲章の上位勲章としてが制定されているが、菊花章はそのを授与するに値するより更に優れた功績を国家にもたらした者が対象とされる。

9

大勳位菊花章頸飾

意匠 [ ] 菊花大綬章のデザインは、である「」を象徴する赤いガラスの日章 を中心に、光線(旭光)放射状にが伸びるといった、旭日章をおおよそ踏襲した物であるが、上下斜めの八方向に旭光が伸びる旭日章に対して、菊花章の旭光は縦横の四方向のみである。 これは、国際儀礼上のプロトコルでは、相手国から贈られた勲章を基本的に第一序列に全て佩用することになっており、菊花章頸飾と菊花大綬章を同時に贈られることが多いからである。