農水省。 佐賀県、「GoToイート」継続へ 農水省に回答|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

農水省、3次補正で転作支援策を検討 コロナ禍で主食用米供給過剰懸念

潤沢な出荷が見込まれるため、12月の出荷数量は平年をやや上回り、価格は平年を下回る見込み。

農水省「食かけるプライズ2020」、大賞にOKOSTA

ただ、例年3000億円規模に上るコメ対策費の膨張に財務当局は警戒を強めており、予算折衝は難航しそうだ。 熊本・大分両県の受益農家は今、そんなやり切れない思いに違いない。 水田から野菜や果樹へ農地転換や改良に補助金:農水省 支援 水田から野菜や果樹へ農地転換や改良に補助金:農水省• アニマルウェルフェアへの対策 アキタフーズの元代表が現金供与した 理由の1つは、アニマルウェルフェアへの対策です。

4

農作物「自家増殖」制限 取材で浮かんだ農水省「種苗法改正案」説明の「矛盾」

12月の出荷数量、価格ともに平年並みで推移する見込み。 ベジタリアン、ハラル、グルテンフリーなど、あらゆるニーズに対応できるのが特徴。 加えて、事業主体の農林水産省は現時点で、漏水やダムの現状について十分な説明責任を果たしているとはとても言えない。

17

コメ、減らぬ生産減る消費 需給差解消へ転作支援―農水省:時事ドットコム

種苗法はコメや野菜などの新品種(登録品種)について開発者の権利を保護することを規定している。 作柄が良好で、大玉傾向。 阿蘇、産山、竹田の計3市村に農業用水を供給するとされている。

12

水田から野菜や果樹へ農地転換や改良に補助金:農水省

ちの観光まちづくり推進機構(長野県茅野市)が「食かける賞」を受賞。 この日、農水省側は、移住の大前提となる所得や雇用の確保への支援対象として(1)自営業者や雇用されている個人(世帯員)と、(2)多角的に事業を行う企業や地域課題の解決を担う「地域運営組織」といった事業体-に分類。 農家や法人組織を含む農業経営体では、耕地面積10ヘクタール以上の割合が8・1ポイント高い55・7%。

10

農水省、3次補正で転作支援策を検討 コロナ禍で主食用米供給過剰懸念

農水省は2020年度第3次補正予算案と21年度予算案で、転作や用途変更を促す交付金増額を検討。 食かける賞のその他受賞団体・企業は次の通り。

14

9都道府県がGoTo食事券停止 農水省の検討要請で

寒い時は気温がマイナス15度にもなる「凍み」文化の土地柄を生かし、古民家に泊まり、寒天や凍み豆腐造りの見学、凍み食材を使った郷土料理を地元民と作って食べることができる。 小さな仕事がものすごくたくさんあって、たぶんお金には困らないし、そもそも年に200万~300万円あれば生きていける」と指摘。

佐賀県、「GoToイート」継続へ 農水省に回答|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

アニマルウェルフェアが推進されると、鶏卵業界でメインとなっている『ケージ飼育』が廃止されてしまし、大きな損失がでるからです。

5

鳥インフル発生の養鶏場 14万羽超を殺処分 農水省「全力で支援」|総合|神戸新聞NEXT

10月の曇雨天の影響で、生育がやや遅延していたが回復。 農水省は2020年度第3次補正予算案と21年度予算案で、転作や用途変更を促す交付金増額を検討。