リニア ルート 変更。 崖っぷちのリニア計画、静岡県知事が国交次官にルート変更迫る

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏 JR東海社長への「あいまい対応」の理由も説明(東洋経済オンライン)

しかし会談は物別れに終わった。 川勝知事が「工事を安全にやるという言葉と実態のギャップが大きい」と批判すると、藤田次官は「知事の権限として安全性を理由に工事を止める考えか」と詰め寄った。 最大の問題の工事による湧水は誰もわからないのである! まさしく掘ってみなければわからないのである。

14

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏

なお、私は首都移転と同時に連邦制をイメージした道州制の導入を提案したく、その場合、アメリカのワシントンDC、ブラジルのブラジリア、オーストラリアのキャンベラのように、新首都は中央(連邦)政府の直轄区となるのが妥当である。

13

崖っぷちのリニア計画、静岡県知事が国交次官にルート変更迫る

この記事は有料会員限定です。

リニア新幹線、計画崩壊の危機…開業遅延やルート変更→速度低下が必至か、揺らぐJR東海

金銭面でも、止まって考える余裕がない。

2

リニア「ルート静岡外して」 知事、JR東海などに注文:朝日新聞デジタル

「河川流量」を問題にしているのではなく、「地下湧水すべて」を問題にしているなどと述べた。 なぜ、「リニアには賛成」なのか? 「ルート変更」発言とともに、知事は「リニアには賛成」と何度も同じことを述べてきた。

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏

終了後の取材には、トンネル湧水の全量回復について「 現代の技術水準では 水を 全て 戻せる状況でないことははっきりしている」とした。 百年後には半減するとも言われている。 東海道新幹線云々言う人がいますが当時とは置かれた状況が異なるし何より東海道新幹線自身がリニアの強力なライバルになりますから全列車各駅停車のこだまにでもしないと新幹線利用の方が多いでしょう。

3

リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏 JR東海社長への「あいまい対応」の理由も説明(東洋経済オンライン)

が無理に無理に重ねた上に、最後は、事前の十分な調査、国民的な合意をすっ飛ばさざるを得なくなって強引に着工したけれど、静岡県でつまづいたという恰好だと思います。