学力 格差。 「学力」とは何か?―学校教育法の定義と背景―

全国学力調査でわかった、学力の高い小学校・中学校の特徴は?

この知見は、特に学力の低い層が、様々な学習の側面で困難を抱えていることを示唆している。 (家で出来ますからね) さらに同じ空間で1や2のレベルの子たちが4や5のレベルの課題に取り組んでいる子たちを見たときに、果たして本当にやる気になれるでしょうか。

7

「子どもの学力・学歴は教育費次第」は正しい? 経済格差と学力格差の現実(LIMO)

このような結果の差の背景には、父親の学歴によって様々な教育「環境」の有利・不利があると考えられています。 これは先の全国学力テストの結果とも一致しているのではないでしょうか。 (余談ですが、このウィキペディアにある大分県教育委員会汚職事件の項目はいつの頃からか消えてしまっているのです。

4

小学一年生の学力格差を生まないための指導法|みんなの教育技術

こちらの概念図をご覧ください。

学力格差にどう立ち向かうか:文部科学省

2013年では、通塾の影響が弱まっています。

1

「デジタル教育格差」コロナ禍で浮き彫りに 所得や地域で大きな差、教職員も負担増…解消するには?

それぐらいのちょっと頑張らないと手が届かないような課題を出すことです。

6

若槻先生ご講演「学力格差の実態と効果のある学校」

ですから、子供の生きる力を伸ばして、自分の好きな道で好きなように生きていけたら最高だと思いますよね。

「子どもの学力・学歴は教育費次第」は正しい? 経済格差と学力格差の現実(LIMO)

これは10歳(小学校4年生)になることで学習する内容が増えるのが1つの転換点となっているのかもしれません。

3