西瓜 糖 の 日々。 西瓜糖の日々(リチャード・ブローティガン) : 河出文庫

西瓜糖の日々(リチャード・ブローティガン) : 河出文庫

数頭の年老いたものが山に残っていたが、人々に狩られてすべて殺される。

19

西瓜糖の日々 そしてこの夏のこと/秦レンナ

西瓜が好きである。 過度な感じ【・・・・】というのがなくて、屈折の少ない世界。 ワシントン州タコマ生まれ。

ブックレビュー『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン

現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ただ「ありえたかもしれない世界」を描き、名前が必要だったから便宜的に響きの良い名前をつけた、それだけかもしれない。 ずっとむかし、この言葉に引かれて、見知らぬ作家の本を買ったことがある。

リチャード・ブローティガン「西瓜糖の日々」を読む

マメ科• ヴォネガット自身が答をわかったうえで作品を書いているからだ。

12

すいか糖の効能効果

それから、いつの間にか忘れてしまうものたちのこと。 だが、この小説に出てくる西瓜は日本のような西瓜の形はしていないと、解説で書いてある。

11

西瓜糖の日々

コバノイシカグマ科• 読み終えてから、これから書くことの箇条書きリストが書いてある最初に戻ると、また最初から読まないとな……と読み進めてしまう気分になる。 たとえば、ずっと昔に起こったことについて考えていたりする。

リチャード・ブローティガン「西瓜糖の日々」を読む

まずは何はなくともスイカ。 インボイルとマーガレットで作者が何を言いたかったのか、とにかくものすごく苦しいからこれを書きたかったから書いたという感じなのだろうけれど、その切なさが、虎が両親を食って、仕方ないんだよみたいなところに出ているように思った。

9