日立 金属 売却。 日立金属の売却先候補を予想!三井金属と日本製鉄に期待

「日立金属」のニュース一覧: 日本経済新聞

新常態時代を勝ち抜く 社会変革軸に選択と集中 日立製作所は創業110周年の節目にグループ再編の最終局面に入った。 株式の売却額はプレミアムがついて、日立化成が3000億円程度、日立建機は4000億円程度の可能性がある。

3

日立、日立金属売却で米ベインなど4ファンドに応札打診-関係者

しかし最近となり売却先候補に 産業革新投資機構(JIC)が浮上してきたことで、日立建機売却の慎重派も懸念が和らいだという見方も出ています。 ブルームバーグ・インテリジェンスの北浦岳志アナリストは「もともと売却するという話は出たり入ったりしていたのでサプライズはない」とコメント。 日立は、日立化成、日立国際電気、日立工機、クラリオンなど子会社を次々と売却している。

10

日立、日立金属売却で選択と集中が完結…経営トップが変わっても「ブレない経営」の神髄 (2020年12月7日)

複数の米投資ファンドなどが関心を示している。

4

日立金属再編に「安保」の壁:FACTA ONLINE

はどんなとこ 記事にあがってるってどんなとこ?そんな疑問が沸くと思いますが、記事に載っていた二つのファンドを調べてみました。 日立建機は日立ブランドを残すものの、連結決算から切り離すことを決定した。

日立、日立金属売却で米ベインなど4ファンドに応札打診-関係者

素材分野は今の時代あまり儲からなくなってしまったことと、日立金属が巨大すぎて自分たちではもう囲っていけないという事でしょう。

日立金属売却に向け入札手続き 来月以降に本格化

「選択と集中」の一環として、17年に電動工具の日立工機、18年に半導体製造装置製造の日立国際電気を売った。 その上で、現トップである東原氏は、日立化成などの上場子会社を売却し、得られた経営資源を、AI(人工知能)を用いたITプラットフォーム構築と社会インフラ事業の強化に再配分した。

3