藤屋 内匠。 創業360年、御用菓子の和菓子店が閉店へ 上皇后さまお気に入り汐美饅頭、「情けない」と眠れず…|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

【藤屋内匠】アクセス・営業時間・料金情報

530• 少しアップで撮った絵がこちら。

17

【20年3月末閉店】藤屋内匠の、安政期の木型で作った大津画落雁 / 滋賀 大津 1661年創業 (寛文元年)

店を守り続けた先祖を思い、「情けない」と前夜は眠れなかった。

企業情報/滋賀県大津市企業情報ビジネスマッチングサイト

米飴(こめあめ)を練り込んだあんを包んだ「汐美(しおみ)饅頭(まんじゅう)」や、近江八景をかたどった落雁(らくがん)などが江戸期以来の看板商品だ。

19

大津の和菓子屋「藤屋内匠」が360年の歴史に幕!理由は?

しかもこちらの落雁は、江戸安政期に作られた木型を使って作られているのだとか。 滋賀県産滋賀羽二重餅から作った米菓子の香り。

創業360年、御用菓子の和菓子店が閉店へ 上皇后さまお気に入り汐美饅頭、「情けない」と眠れず…|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

大津の和菓子屋「藤屋内匠」が360年の歴史に幕!理由は? 藤屋内匠 ふじやたくみ は、寛文元年(1661年)創業の老舗鵜の和菓子店。 藤屋内匠は1661(寛文元)年、現在の場所で創業。 包装紙の下には、かけ紙が。

7

大津の和菓子屋「藤屋内匠」が360年の歴史に幕!理由は?

160• 1,020• お店の人にお薦めをお伺いしたところ、「大津絵」を落雁にした「大津画落雁」をお勧めされました。 そのあと、平井商店さんへ。

8

『100円商店街のさくら餅』by ずっちゃん : 【閉店】藤屋内匠

この当時は「鶴」と入っていたお店は全て屋号を変更されたそうですよ(より)。

藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓ものがたり】

芭蕉が大好きだった近江は、こんな風光明媚なところだったんですね。 360年も地域に愛され、感謝しています」と話している。 滞在時間• 場所は、膳所(ぜぜ)藩の琵琶湖に近接した一角。

10

【20年3月末閉店】藤屋内匠の、安政期の木型で作った大津画落雁 / 滋賀 大津 1661年創業 (寛文元年)

360年も地域に愛され、感謝しています」と話している。