ペイル ブルー。 30年前ボイジャーが撮影した最も孤独な地球、「ペイルブルードット」が再公開!

フクビ バスパネルEX ペイルブルー 2000 EX

この画像は、が太陽の散乱した光で飽和しないように、カメラの最も暗いフィルター(メタン吸収帯)を用い、可能な最も短い露光時間(5ミリ秒)で撮影が行われた。 (参考記事: ) ハンセン氏は当時、NASAのジェット推進研究所(JPL)の画像チームの実験担当者だった。 ボイジャー1号は、現在はミッションを拡充され、やを含む太陽系境界の観測を行っている。

我々の故郷は淡く、青く、小さな点…歴史的写真撮影から30年、NASAが画像を再処理

あまりにも有名になったこの写真の地球は、散乱する太陽の光に浮かぶ針穴のような光の点にすぎず、宇宙の中では取るに足りない存在のように見える。 1990年2月14日から6月6日にかけて、ボイジャー1号は60枚の写真を撮影してに蓄え、それらを地球に伝送した。

2

ペイル・ブルー・ドット

海王星の軌道より15億キロメートルも離れたところまで来たとき、ボイジャーは後ろを振り返った。

13

30年前ボイジャーが撮影した最も孤独な地球、「ペイルブルードット」が再公開!

探査機が太陽に向き合う状態となったため、散乱した太陽光線が、カメラを通して地球を覆う粗い光の筋となって写り込んだ。

【グラブル】ガンドリンの評価|ターニャ(SSR)解放武器【グランブルーファンタジー】

新たな写真もカラーフィルターを用いているが、よりはっきりとした画像にするため、フィルターのバランスが調整された。

3

ペイル・ブルー・ドット

あなたが愛する人、知っている人、聞いたことがある人、これまでに存在したすべての人間が、太陽の光の中に浮かぶ塵のかけらの上で生きてきたのだ」と書いた。 太陽系の縁にいたボイジャーからでは、太陽は小さく見えたが、それでも地球から見える最も明るい恒星であるよりも800万倍も明るかった。 JunoCamが送ってくる木星の写真は、この世のものとは思えないほど壮麗だ)。

17

フクビ バスパネルEX ペイルブルー 2000 EX

この筋は、ボイジャー1号が撮影のために太陽の方向を向いたため、散乱した太陽光線が粒子の粗い光の筋となって、点ほどの地球を覆ったものだ。

7