認知 症 施策 推進 大綱。 認知症施策 |厚生労働省

「認知症施策推進大綱」を発表、国の取り組みとは

医療従事者に対する認知症対応力向上研修受講者数 かかりつけ医 9万人 認知症サポート医 1. 研究開発・産業促進・国際展開 今回は後編として、3~5についてポイントを解説します。

16

令和元年6月18日 認知症施策推進関係閣僚会議

新オレンジプランのアップグレード版である新大綱によって、認知症の「予防」がどのように実現するのか、注視する必要があるといえるでしょう。

5

注目の新大綱を解説!認知症施策推進大綱まとめ(後半)

医療・ケア・介護サービス・介護者への支援• <Point>認知症に関する様々な民間保険の推進 公的な介護保険サービスだけではなく、認知症の発症に備える保険など民間の損害賠償保険の利用も促進するため、企業を支援することが明言されました。

2

認知症施策推進大綱について |厚生労働省

そして、認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデルなどの研究開発を推進するとし、これらの研究に取り組む研究機関については「日本医療研究開発機構(AMED)」が支援するとしています。

3

【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」

なお、 認知症バリアフリーとは、公共交通機関や建物などハード面でのバリアフリー化のだけでなく、ソフト面での対応も必要となります。

3

認知症施策推進大綱とは

地域包括支援センター、かかりつけ医、認知症サポート医、認知症初期集中支援チーム、認知症疾患医療センターの連携や設置による早期発見、早期対応、医療体制の整備• 令和元年6月18日、安倍総理は、総理大臣官邸で第2回認知症施策推進関係閣僚会議に出席しました。

18

令和元年6月18日 認知症施策推進関係閣僚会議

2019年6月18日に、内閣官房長官を議長、健康・医療戦略担当大臣及び厚生労働大臣を副議長、その他13大臣を構成員とする「認知症推進関係閣僚会議」で決定された。 認知症のバイオマーカーの開発・確立 POC取得3件以上• また、新オレンジプランと同様に、研修受講者数が職種ごとに設けられていますが、かかりつけ医9万人、認知症サポート医1. つまりこの軽度認知障害(MCI)の間に正常化させることが大事だと考えられているのです。

10

「認知症施策推進大綱」で認知症予防はどう変わる?新しい認知症支援の方法

4 認知症バリアフリーの推進・若年性認知症の人への支援・社会参加支援• 全市町村で、本人・家族のニーズと認知症サポーターを中心とした支援を繋ぐ仕組み(チームオレンジなど)を整備• 本人の意見を踏まえた商品・サービスの登録件数(本人の意見を踏まえ開発された商品・サービスの登録制度に関する検討結果を踏まえて設定)• 6万人 歯科医師 4万人 薬剤師 6万人 一般病院勤務の医療従事者 30万人 看護師等(病院勤務)4万人 看護師等(診療所・訪問看護ステーション・介護事業所等)実態把握を踏まえて検討• 特別養護老人ホーム責任者、居宅介護支援事業所の管理者を経て、介護コンサルタントを行っております。 「認知症施策推進大網」には、認知症の発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会のために、「共生」と「予防」を両輪とした様ざまな施策が盛り込まれています。

19