自立 活動 6 区分。 自立活動とは

自立活動部

自立活動の指導の考え方について、もう少し詳しく過去に記述していますので、併せて以下のものもお読みください。 (2)感覚の補助及び代行手段の活用に関すること。 病気の状態の理解と生活管理に関すること。

自立活動

ただ、教員にとりこの学習指導要領を基本として指導していますので、読み込むことは必須のこととなります。 3 感覚の補助及び代行手段の活用に関すること。 本校のとを紹介します。

17

第5章 自立活動:文部科学省

(4)認知や行動の手掛かりとなる概念の形成に関すること。

10

自立活動部

外部リンク [ ]• 作業に必要な動作と円滑な遂行に関すること。 また、その結果として自立した自由な社会生活を送ることが保障されていくのである。 「自立活動の6区分27項目を全て指導しなさいというわけではないですよ。

1

自立活動の考え方

前庭-動眼系という神経経路のつながりが適切にはたらいている必要があります。 第3款 指導計画の作成と内容の取扱い 1 自立活動の指導に当たっては、個々の生徒の障害の状態や発達段階等の的確な把握に基づき、指導の目標及び指導内容を明確にし、個別の指導計画を作成するものとする。 その際、第2款に示す内容の中からそれぞれに必要とする項目を選定し、それらを相互に関連付け、特に次の事項に配慮して、具体的に指導内容を設定するものとする。

4

第5章 自立活動:文部科学省

3 個々の生徒の実態に応じた具体的な指導方法を創意工夫し、意欲的な活動を促すようにするものとする。 姿勢と運動・動作の基本的技能に関すること。

自立活動

自立活動の指導は、「自立活動の時間」を設けて指導する場合はもちろん、各教科、領域の指導を通しても適切に行われる必要がある。

7