監獄 の 誕生。 監獄の誕生

権力として機能する学校① 「監獄」と「身体の支配」

」 p. ……一八世紀末期に出現する工場では、個人への分化を旨とする碁盤割りの原則が複雑になる。

5

フーコー:監獄の誕生

それは単に刑罰の方法の改革ではなく、もっと広い領域を覆う全域的な変化としてある。 たとえば、住民の生をによって管理・統制し、という形態をとって出現する。

監獄の誕生とは

『監獄の誕生』を2年ぶりに通読した。 ……アル・ケ・スナン(スイスに近いフランシュ・コンテ州にある地名。 労働者は、一人の人間である前に、資本を拡大再生産するための不可欠な要素となる。

監獄秘話 北海道集治監の誕生と網走監獄

パノプチコン(一望監視装置)というのは、効率的な監視の装置としてベンサムが推奨したものだったが、それは監獄のみならず、社会全体にも適用可能である。 2-1-1: 王の権力と民衆 端的にいえば、 古典主義時代における処罰とは、 王の権力を誇示するための身体刑でした。

19

ミシェル・フーコー『監獄の誕生―監視と処罰』を読む 前編

その後も大学教授職のかたわら、『知の考古学』『監獄の誕生』『性の歴史』などを発表しました。 「権力の中心的問題とは、「自発的隷従」の問題ではない」とフーコーは別の場所で語っていた。

ミシェル・フーコー

それを助けたのが、高等師範学校の哲学の復習教師をつとめていたである。 そして刑罰の機能・形態について。 ぜひ参照ください。

パノプチコン:フーコー「監獄の誕生」

(考古学)• そのときの彼は、マルクスの唯物論からハイデッガーの実存主義へ、パブロフの条件反射の理論からルートヴィヒ・ビンズワンガーの現在分析へと移っていく思想的な過渡期」 1954年『精神疾患と心理学』出版。

20