クロード ロラン。 《イサクとレベッカの結婚》クロード・ロラン|MUSEY[ミュージー]

クロード・ロランによる絵画作品の一覧|MUSEY[ミュージー]

タッシは海や風景を主題とした絵を数多く描く画家でしたが、その絵は、パウル・ブリルをはじめとして、当時ローマで仕事をしていた北方ヨーロッパの画家たちの影響を強く受けていた。

イギリス人にとってのアイデンティティ。 美しき英国式庭園とバラを巡る歴史とショートトリップ

ロランは晩年にて、柔らかく、現実に存在するかのような難しい光の描き方をマスターした。

12

『クロード・ロラン 一七世紀ローマと理想風景画』 小針由紀隆

彼が装飾を担当した、バニャイアのモンタルト枢機卿の別廷ヴィラ・ランテの装飾には、クロードの手も加わっているかもしれない。

18

ゲーテの見たクロード・ロラン「完全な人」「美しい思想と美しい感情を抱いている」

魔法の物語 クロードは古代ローマの詩人オウィディウスを好み、特に、神々と女神たちの愛と変身の物語である「転身物語」を愛読した。

ニーチェはクロード・ロランをどう見たか。「この英雄的・牧歌的なもの」

クロードは、人生の大半を過ごした一角を望むローマの聖トリニタ・ディ・モンティ教会に埋葬されました。 2人はときおり、さらに人里離れた、野性味に富み、いっそう景観の素晴らしいティヴォリのような丘にまで出向くこともあって、古代ローマの「シビュラ神殿」の廃墟で名高いティヴォリには、荒れ果てた丘の斜面、洞窟、勢いよく流れ落ちる滝があり、16世紀以来、風景画家や素描家が好んで訪れる場所でした。

9

【ロンドン展⑬】クロード・ロランとターナー【風景画とピクチャレスク】

壮年時代に助手を1人雇っていたことを除けば、この時代に成功した画家が工房をかかえていたように助手や弟子たちを置くことはなかったようです。 人がにぎわう都市の港と静かな田舎の風景は対照的であり、絵画世界の中心人物たちはそれぞれ左右を建築物あるいは木々に囲まれ、海あるいは大きな川を背景としている。 『ヴィーナスの誕生』サンドロ・ボッティチェリが描いた名作です。