E クラス オール テレイン。 メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン|価格・新型情報・グレード諸元

Eクラスに新たなモデル、オールテレイン登場。|Mercedes

保証付 詳細については、販売店にご確認ください。 メルセデスの豊富なSUVのラインナップからも「Gクラス」を筆頭に「GLA」「GLC」「GLCクーペ」が過去最高の販売台数を達成したそうです。 確かに価格を考えれば当然の感じはするが 国産の高級車と呼ばれる車と比較してもすぐ違いがわかる。

6

Eクラスに新たなモデル、オールテレイン登場。|Mercedes

シートエアコン• 試乗したモデルは「E220d 4マチック オールテレーン」でEクラスステーションワゴンと比べると、全長がマイナス10mm、全幅はプラス10mm、全高はプラス30mmで最低地上高も25mmアップされている。 さらに、ステアリングから手を放さずに、ナビゲーションの操作や車両の設定などを行うことができる「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を操作するスイッチを備えており、操作性が向上した。

14

メルセデス・ベンツEクラス・オールテレイン

横滑り防止装置• 9速のATもスムーズなつながりで、エンジンのトルクを無駄なく伝達する。

ベンツ Eクラス・オールテレインに試乗したのでインプレ

20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。 エクスクルーシブパッケージにすればベンチレーターなどついて満足度がさらに上がる。

6

メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン|価格・新型情報・グレード諸元

用意されたエンジンは、2リットルの直列4気筒BlueTECエンジン、ディーゼルエンジンですね。 インテリアは、質感の高い素材と丁寧な作り込みにより、乗員が快適に過ごすことができる上質な室内空間を備えている。 確かに、 都内某所の高級スーパーの駐車場で見かけるEクラスは確かにほとんどが「ステーションワゴン」です。

9

メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)【試乗記】 驚きのフットワーク

車内にいるとディーゼルであることを感じさせないほど静かで振動も小さいことにも感心する。 走行中ハンドルを小刻みに左右に振ってみますが、 そこはやはり徹底的にニュルを全開で走り込んで開発されているメルセデスの常で、 車高を高めたステーションワゴンであってもまったくグニャグニャしません。 スポーツモードで走るオールテレインは、車高を生かした豊潤なストローク感をいかんなく披露しつつも、コンフォートモードにあったオツリめいた上下動がピタリと解消される。

14

メルセデス・ベンツEクラス・オールテレイン

微妙な車高&地上高のクロスオーバーSUVだからこの絶妙のフィーリングが生まれると言える。 地上高アップに伴い、サスペンションストロークも大きくなっているので、悪路走行時も安心感が高い。

Eクラスオールテレイン(メルセデス・ベンツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

エクステリアに、メルセデスのSUVモデルに共通する2本のフィンをあしらったラジエーターグリルをはじめ、前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのホイールアーチカバーを取り入れることでSUVらしさを強調。 それくらいスタイリッシュで統一感がありカッコ良い。

18

メルセデス・ベンツ Eクラスオールテレイン 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

オールテレイン専用の「ブラッシュドアルミニウム」というインテリアトリムも新感覚でなかなかよい。 インテリアは、質感の高い素材と丁寧な作り込みにより、乗員が快適に過ごすことができる上質な室内空間を備えている。

17