ウルトラマン ハーメルン。 ウルトラマンゼロ物語(ストーリー) in RED ZONE STAGE

僕のヒーローアカデミアinウルトラマン

すまない。

11

ハーメルン[モバイル]

撮影用は、当時から市販されていたをベースに美術スタッフが製作したもの。 金縛り光線 『』第34話にゲスト出演した際に、の動きを封じるために、と同時に発射する、青白い帯状の光線。

6

ハーメルン

色違いの仲間は赤いルビスタス(レーザーを出す)、銀色のスチルタス(破壊光線を吐く)。 対するゼットも、疲れからかどこか覚束ない重力制御で隕石に腰を下ろすと、自らの未熟さを自覚してか、悔しそうに拳を力一杯握り締め、震わせていた。

16

ウルトラマンタイガワールドin博多

第1作の主要キャストであったとんねるずをスケジュールの都合で物語の中心に据えることができなかったため、新隊長役に『』のが起用され 、森次の出演に伴いカプセル怪獣の設定が取り入れられた。 この時のハヤタはウルトラマンと一心同体になっていたため、ウルトラマンが自称したと解釈することも可能であるが、この命名がハヤタの意思なのかウルトラマンの意思なのか、作中で明示されたことはない。 「かつて、私が恒点観測員340号でありながら、地球を訪れていた時の事だ。

19

ウルトラマンタイガワールドin博多

事実、光の国のウルトラ族には、それぞれ固有の名前が存在する。

16

ハーメルン[モバイル]

ハッキング能力が高く、隊長ではないがミドリにアクセスできる。 「そういえば師匠」 「だから師匠になった覚えはねぇっての。 3人が手を繋いで輪を作り、回転することで発射される。

1

『ウルトラマン』という名前

その姿は基本的にFRP製のマスクとウェットスーツをベースにしたスーツで造形され、銀と赤を基調としたデザインや、胸部の発光器などの特徴がある。 ゲーム説明書右上にも登場。

6