姨捨山 現代 語 訳。 大和物語「姨捨」

大和物語の姨捨について質問です

)」 「あなたの力では、小さな丘を崩すことさえできません。 跳 おど り 往 ゆ きて 之 これ を 助 たす け、 寒 かん 暑 しょ 節 せつ を 易 か へ 、 始 はじ めて 一 ひと たび 反 かえ る。 月のいと明かき夜、「嫗 おうなども、いざ給 たまへ。

4

大和物語『姨捨(をばすて)』現代語訳

)」と。 雑然 リトシテ相許 ス。 能では、歌を詠んだ老女が山中で亡くなったことになっています。

8

大和物語『姨捨』問題1

」と言ひければ、限りなく喜びて負はれにけり。

11

大和物語『姨捨』品詞分解のみ(1)

尊きわざ ありがたい仏事。 その名の通り、手弱女の頼りない風情がある。

大和物語『姨捨』問題1

姨捨の単語・語句解説 [親は死にければ] 親は死んでしまったので [をばなむ親のごとくに] おばが親のように。

7

大和物語『姨捨(をばすて)』現代語訳

現代語訳の冊子は、希望があれば随時印刷し、実費(1500円程度の予定)で提供する。

12

大和物語『姨捨』問題1

(男も)昔のとおりでもなく、このおばをおろそかに扱うことが多くなっていった。 」ともっぱら責めたてたので、(男は)せき立てられるのに閉口して、そうしてしまおうと思うようになった。 とよんで、また行って(伯母を)迎えて連れて戻ってしまった。

4

大和物語『姨捨(をばすて)』現代語訳

」 「 君 きみ の 力 ちから を 以 も つ てしては、 曾 すなわ ち 魁 かい 父 ふ の 丘 おか を 損 そん ずる 能 あた わず。 平らな嶺に着いた都人が、月の出を待っていると、中年の女性が声をかけてきました。 これをなほ、この嫁、ところせがりて、今まで死なぬことと思ひて、よからぬことを言ひつつ、 「もていまして、深き山に捨てたうびてよ。

10

大和物語『姨捨(をばすて)』現代語訳

都人が山を後にし、老女はそれを見送ると、捨てられた昔と同じく、ただ一人残されたのでした。 完成した訳本はA4判で110ページ。

6