神田 伯 山 畔倉 重 四郎。 客席放浪記 神田松之丞『畦倉重四郎』連続読み第一夜

新聞記事文庫 : 時事新報 1916.3.29

新蟹江村村長小酒井半兵衛の長男と生まれる。 従って本殿は本殿区画外から屋根を望遠できるだけである。 心礎より南へ8mのところで東西の瓦・石列を検出したため、基壇規模は16m四方と想定されたが、南側中央のため階段の可能性が考えられ、おそらく基壇は推定 14m四方であろう。

山陰山陽の塔跡

昭和22年(1947)松蔭高校を 卒業し、画業を志し上京、河合玉堂に師事し入 門を許され、昭和32年(1957)に玉堂が 他界するまで奉仕しつつ水墨を基調とした古典 を学んだ。 講堂金堂基壇に北西で検出。 俳句にも情熱を注ぎ、ねんげ句会の発起人として、会の名づけ親(拈華微笑=以心伝心:仏教用語)としても有名。

8

物故日本画家一覧・UAG美術家研究所

福寿山と号し、現在は比叡山延暦寺末。 平成16年、寺屋敷背後すぐ上(北西)に妙見堂(寺屋敷にあったと云う)及び石造五重塔が建立され、寺屋敷にあったと云う宝篋印塔などが移される。

7

客席放浪記 神田松之丞『畦倉重四郎』連続読み第一夜

明治更革後神官之に奉仕す。 死後、森村雨村、江戸川乱歩、岡戸武平らの尽力で出版された『小酒井不木全集』は、当時の出版界では異例の大ベストセラーとなった。 は一鶴死後に門下に移籍したのち、真打昇進を機に再び田辺を名乗っている。

2

講談

昭和9年12月8日逝去。 新型コロナウイルス感染拡大防止のために、なかなかお出かけできない時は、YouTubeでもみながら時間を過ごしてはいかがでしょうか。 昭和4年3月27日風邪気味にて発症就床。

4

物故日本画家一覧・UAG美術家研究所

當社は武蔵の國の住人澁谷庄司重國の草創なり。 現在の地に遷たのは寛永元年頃で、別當観明院には新田式部大輔義國守本尊と傳へる荼枳尼天が、本地佛として安置されてゐた。 尚、この桜は当社御遷座にあたり 「内桜田」現在皇居吹き上げの庭に移されたと伝えられる。