は んで ん しゅう じゅ の ほう。 晤寶 岩瀬本店 (ごほう)

ほうしゅ楽舎/農村ツーリズムの宿

PPがかなり少なくなるが、アイアンヘッドのPPを補強すれば3回分は増える。

2

ほうしゅ楽舎/農村ツーリズムの宿

施餓鬼会 せがきえ 一、 一、 一、供養 願此香華雲 がんしこうけうん 付 遍満十方界 へんまんじっぽうかい 供養一切佛 くよういっさいふ 妙法蓮華経 みょうほうれんげきょう 菩薩聲聞衆 ぼさっしょうもんじゅ 受用作佛事 じゅゆうさぶつじ 一、 一、行道(自我偈訓読など) 一、施食 神咒加持浄飯食 じんじゅかじじょうぼんじき 付 布施恒沙衆鬼神 ふせごうじゃしゅきじん 願皆飽満捨慳心 がんかいほうまんしゃけんしん 速脱幽冥生善道 そくだつゆうみょうしょうぜんどう 帰依三宝覚菩提 きえさんぼうかくぼだい 究竟得成無上覚 くきょうとくじょうむじょうがく 功徳無辺尽未来 くどくむへんじんみらい 一切衆生同法食 いっさいしゅじょうどうほうじき 一、灑水偈(導師諷唱しつつ灑水) 如以甘露灑 にょいかんろしゃ 除熱得清涼 じょねっとくしょうりょう 如従飢国来 にょじゅうけこくらい 忽遇大王膳 こつぐだいおうぜん 一、焼香偈(導師焼香の後唱える) 例1 衆寶妙香炉 しゅうほうみょうこうろ 焼無価之香 しょうむげしこう 自然悉周遍 じねんしっしゅうへん 供養諸世尊 くようしょせそん 例2 須曼那闍提 しゅまなしゃだい 多摩羅栴檀 たまらせんだん 沈水及桂香 じんずいぎゅうけいこう 供養法華経 くようほけきょう 一、願文 如等鬼神衆 にょとうきじんしゅ 付 我今施汝供 がこんせにょく 此食遍十方 しじきへんじっぽう 一切鬼神供 いっさいきじんく 如以甘露灑 にょいかんろしゃ 除熱得清涼 じょねっとくしょうりょう 如従飢国来 にょじゅうけこくらい 忽遇大王膳 こつぐだいおうぜん 願以此功徳 がんにしくどく 普及於一切 ふぎゅうおいっさい 我等与衆生 がとうよしゅじょう 皆共成佛道 かいぐじょうぶつどう 一、 一、 一、読経(提婆品) 一、・鐃鈸 一、祖訓 「」「」 一、唱題 南無妙法蓮華経 一、 一、回向 例1 清浄の大衆謹んで 三宝聖主 さんぼうしょうしゅの御前に対し、施餓鬼如法の福会を開き、 法界海 ほうかいかい 所有 しょうの 含霊 がんれいに回向す。 大粒になるほど、果肉が厚く果汁たっぷり。

さくらんぼ 紅秀峰の実力と 佐藤錦との比較 |味の農園

今朝 こんちょう以来 香華 こうけを供養し、 飯食 ぼんじきを 厳備 ごんびし、謹んで 異口同音 いくどうおんに読誦し奉る大乗妙法蓮華経、唱え奉る妙玄題、 鳩 あつむる所の功徳、 普 あまねく真如実際に 運 めぐらし、等しく十方の衆生に施し、以て佛祖の 冥加 みょうがを乞い、 決定 けつじょう 不虚 ふこの 利益 りやくを祈る。 佐藤錦の収穫が終わると直ぐに紅秀峰を収穫します。

14

ほうしゅ楽舎/農村ツーリズムの宿

収穫期は7月に入ってからなので、お中元の贈答品として利用価値が高い期待のサクランボです。 赤く色付いた果実は甘さが濃く、プリプリのさくらんぼが口の中ではじける食感はたまらない美味しさです。

7

しょしゅうもんどうしょう平仮名文

生産者は満開期の天候不順による着果不足も心配ですが成り過ぎもまた困りものなのです。 完熟の佐藤錦の 味は絶品であるが。

きょじゅうざん

伏して祈らくはこの 最勝 さいしょう 修多羅 しゅたら 如法 にょほうの 福会 ふくえ、その功徳 無辺 むへんにして十方法界に 遍 あまねく、 信謗 しんぼう 彼此 ひし 順逆 じゅんぎゃく 怨親 おんしん、有縁無縁一切の精霊、永く 九 く 法界 ほうかいの 繋縛 けばくを脱し、 清浄自在 しょうじょうじざいの 大果報身 だいかほうしんを成就することを得ん。

11