Radwimps 新 世界 歌詞。 新世界 歌詞 RADWIMPS( ラッドウインプス ) ※ educationlaw.foxrothschild.com

新世界 歌詞『RADWIMPS』

自業自得でこんな世の中を作り上げたのに、必死にもがいて今更見栄を張っているのですから。

14

RADWIMPS 新世界 歌詞

なぜMステ出演のために?と疑問に思ったので調べてみました。 またアルバム「君の名は。

20

RADWIMPS 新世界 歌詞&動画視聴

その結果が今の世界の惨状です。 RADWIMPSは2016年でバンド結成15年、メジャーデビューして11年目でした。 実況席で今日も構える神よ、何を思う あなたの眼で見届けたまえ このカタストロフィの結末を 「僕と君ならきっと越えて行けるさ」 そう行った君の声が細く震えていたんだ 夢は冷めるまではまだ夢ではないさ 嘘がバレるまでは嘘ではないように 「この時空で最後の恋ならば君と越えて行き たい」 淀み切った真実なんて欲しくないんでしょ 可愛い顔の嘘が好きで仕方ないんでしょ? これだけ熱意のこもった作品だったからこそ、ミュージックステーションの出演を決めたのではないかと言われています。

18

RADWIMPS

作詞・作曲を務めた 野田洋次郎さんは楽曲について 最初にお話をいただいたとき、みんなが前を向けるような曲を作ろうと思い制作を始めました。

新世界

企業や社会の仕組み、教育現場、政治のあり方。 コロナでビルからは明かりが消え、貧困が街を襲い、SNSには心無い言葉が飛び交い、命を危険にさらされる人々は積み重なっていく。 ですが段々とそれだけでいいのかと違和感が生まれていきました。

6

RADWIMPS 新世界 歌詞&動画視聴

新世界

気づいた時には 戻るべき世界は壊れてしまっていた。 作詞:野田洋次郎 作曲:野田洋次郎 「僕と君なら きっと越えて行けるさ」 そう言った君の声が 細く震えていたんだ あといくつの『夜』と 『空っぽ』噛み締めたら 辿りつけるのかも 知る人さえ皆無 『当たり前』が戻って来たとして それはもう 赤の他人 きっと同じ世界には もう戻らない 「ただいま」と開けたドアの先は『新世界』 僕ら長いこと 崩れる足元を 「上向いて歩けよ」と 眼をそらしすぎた 泣いて 泣いて 泣いて なんかないよ 泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよ 「凪いで」「凪いで」「凪いで」 泣いてないで 泣いて 泣いて 泣いて 泣いてないよって 見てたいものだけに ピントを合わせては あとはモザイクで 地球を覆ったの 僕ら空に落ちてく ビルは剥がれ堕ちてく 金は皮膚を剥いでく 罵声は跳ね返ってく 生け贄は積もってく 運命はイビキかいてる 綺麗な0を描いてさ 新しくしよう「今」 キズだらけの迷子だけが 産まれることを許されたこの地球の上で 何を『優劣』などとのたまう? 実況席で今日も構える神よ、何を思う あなたの眼で見届けたまえ このカタストロフィの結末を 「僕と君なら きっと越えて行けるさ」 そう言った君の声が 細く震えていたんだ 夢は覚めるまでは まだ夢ではないさ 嘘がバレるまでは 嘘ではないように 「この時空で最期の恋ならば 君と越えて行きたい」 淀みきった真実 なんて欲しくないんでしょ 可愛い顔の嘘が 好きで仕方ないんでしょ? 君が勝ちたいなら 僕は負けでいいから それで嬉しいんなら じゃあ笑顔を見せてよ 君と描きたいのさ 揺れた線でいいから 明日の朝あたり 世界を変えにいこうかね 「 boku to kimi nara kitto ko e te okona keru sa 」 sou i xtu ta kimi no koe ga hoso ku huru e te itan da ato ikutu no 『 yoru 』 to 『 kara ppo 』 ka mi si me tara tado ri tukeru no kamo si ru hito sae kaimu 『 a tari mae 』 ga modo xtu te ki ta to si te sore ha mou aka no tanin kitto ona zi sekai ni ha mou modo ra nai 「 tadaima 」 to a ke ta doa no saki ha 『 sinsekai 』 boku ra naga i koto kuzu reru asimoto wo 「 uwamu i te aru ke yo 」 to me wo sorasi sugi ta na i te na i te na i te nanka nai yo na i te na i te na i te na i te nai yo 「 na i de 」 「 na i de 」 「 na i de 」 na i te nai de na i te na i te na i te na i te nai yo tte mi te tai mono dake ni pinto wo a wase te ha ato ha mozaiku de tikyuu wo oo xtu ta no boku ra sora ni o ti teku biru ha ha gare o ti teku kin ha hihu wo ha i deku basei ha ha ne kae xtu teku i ke nie ha tu moxtu teku unmei ha ibiki ka iteru kirei na 0 wo ega i te sa atara siku siyo u 「 ima 」 kizu darake no maigo dake ga u mareru koto wo yuru sa re ta kono tikyuu no ue de nani wo 『 yuuretu 』 nado to notamau ? zikkyou seki de kyou mo kama eru sin yo 、 nani wo omo u anata no me de mitodo ke ta mae kono katasutorofi no ketumatu wo 「 boku to kimi nara kitto ko e te okona keru sa 」 sou i xtu ta kimi no koe ga hoso ku huru e te itan da yume ha sa meru made ha mada yume de ha nai sa uso ga bare ru made ha uso de ha nai you ni 「 kono zikuu de saigo no koi nara ba kimi to ko e te i ki tai 」 yodo mi kixtu ta sinzitu nante ho siku nai n desyo kawai i kao no uso ga su ki de sikata nai n desyo ? kun ga ka ti tai nara boku ha ma ke de ii kara sore de ure sii n nara zyaa egao wo mi se teyo kun to ega ki tai no sa yu re ta sen de ii kara asita no asa atari sekai wo ka e ni iko u ka ne. 僕らは 汚い現実から目を背け、 夢を見すぎていた。

14