チャイコフスキー ピアノ 協奏曲 第 1 番。 ピアノ協奏曲第1番 チャイコフスキー 解説と試聴

ピアノ協奏曲第1番 チャイコフスキー 解説と試聴

それに、これでは協奏曲にはならないような気がする。 オケの響きが相当に汚い。

10

チャイコフスキー(ピアノ協奏曲第1番)

オケは、確かに、勢いはあるが、木管の繊細な音は絶品だし、透明度の高い、奥行の深いホール感のある舞台だ。 いや、ワイセンベルク盤だろうか・・・。 Pyotr Tchaikovsky 1840—1893 : Piano Concerto No 1 in B-flat minor, Op 23 CD. チャイコフスキーのピアノ協奏曲は、う~ん。

9

ピアノ協奏曲 第1番 Op.23 変ロ短調/Concerto for piano and orchestra No. 1 b

なにせ、オケのテンションが超高いっ。

10

ムソルグスキー:展覧会の絵、チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ボレット、ヴァント&北ドイツ放送交響楽団(ヴァント・エディション第20集) : チャイコフスキー(1840

私の好むピアノの音は、ミケランジェリやポリーニのようにいくら速くても一音一音が艶やかに粒だって聞こえるというものなので、こういう演奏は好まない。 ところで、「最大」って、ひとりであるハズでは…。 チャイコ1楽章の場合、提示部ラストの両手オクターヴ をテンポ通りに弾こうとすると、私はミスタッチなしで 弾く自信はありません。

チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」の解説とオススメ名盤

自分の主張をあまりせず、ピアノ付き交響曲の一演奏者という立場を辨えていることの方を優先したのだろうか。 第3楽章:中の速。

17

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 「頭のなかの♪おたまじゃくし」 ~クラシック音楽を聴いてみよう~

ヴォトキンスクは 18 世紀の製鉄工場開設にともなって形成された広大なダム湖のほとりに発展した町で、ピョートルの父イリヤーはそこで鉱山技師、工場長として勤めていた。 ってな感じなのだ。 Brown, David, Tchaikovsky: The Crisis Years, 1874—1878, New York: W. 細かいフレーズについても、なかなかに聴かせてくれるし、粒立ちも良い。

14

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op.23 名盤: ハルくんの音楽日記

第1主題がピアノ、オーケストラ共に念押しするような奏法で一風変わっている。 日々、 「憂(うれ)いたっぷり」に仕事をするサラリーマンにも、けっこう共感を呼ぶのでは…。 しかしそれが当てはまるのは1970年代以降の事だとこの演奏を聴いて知った。

6