特措法 第 24 条 第 9 項。 新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項による 感染防止策の徹底等について(要請)

新型インフルエンザ等対策特別措置法|条文|法令リード

「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

19

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

(書面による通知) 第23条 第17条第3項及び第4項の規定は、都道府県知事が第19条第1項及び第20条第1項に規定する入院の勧告、第19条第2項及び第4項並びに第20条第2項及び第3項に規定する入院の措置並びに同条第4項に規定する入院の期間の延長をする場合について準用する。 具体的には、遊興施設等が、キャバレー、ナイトクラブ等の接待を伴う飲食店、バー、パブ、ダンスホール、カラオケボックス、ライブハウス、性風俗店、スポーツジム。 3 第46条の規定により入院している者又はその保護者は、都道府県知事に対し、当該入院している者の退院を求めることができる。

第2回「新型インフル特措法と行政訴訟」(2020年5月6日(水)20時~)|弁護士 伊藤 建(たける)|note

状況を見て判断。 2 国は、特定感染症指定医療機関の設置者に対し、政令で定めるところにより、予算の範囲内で、特定感染症指定医療機関の設置及び運営に要する費用の一部を補助することができる。 熊本県HPの掲載の「休業要請や支援策に関する情報」 には、期間についての明示の文言はなく、「不要不急の外出、三密、特に大型連休期間中の外出等について自粛をお願い」となっている。

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

2020年5月26日以降の動向については、2020年6月1日から多くの道府県で措置が終了し、また継続する都県でも措置の縮小があることから「2020年6月1日から」の表により6月1日以降の状況を表示することとする。 山梨県HPの掲載の「新型コロナウイルス感染拡大防止への協力要請について(9月1日から9月30日)」 では、6月1日から行われている「協力要請期間中においても、各業界団体等の作成する感染拡大予防ガイドラインが県が別途示す基準に適合し、これを適切に遵守するに掲げる施設等については、使用停止等の協力要請を個別に解除します。 「スポーツの日」について 令和2年(2020年)以降、「体育の日」は 「スポーツの日」になります。

新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく感染防止策の徹底等の周知について

)その他新型インフルエンザ等の発生の予防及びまん延の防止に関する法律と相まって、新型インフルエンザ等に対する対策の強化を図り、もって新型インフルエンザ等の発生時において国民の生命及び健康を保護し、並びに国民生活及び国民経済に及ぼす影響が最小となるようにすることを目的とする。 H30. 感染症に関する啓発及び知識の普及並びに感染症の患者等の人権の配慮に関する事項 10. 2020年5月25日解除。

20

特措法24条9項とは分かりやすく解説【特措法45条との関係は?】

この場合において、動物検疫所長は、直ちに、当該指定動物の輸入者の氏名その他同項の厚生省令で定める事項を最寄りの保健所長を経由して都道府県知事に通知するものとする。 とはいえ、新型コロナウィルスの感染拡大防止や医療体制のひっ迫を食い止めるために必要な対策として、都道府県から様々な要請をうけたら 本来であれば誰もが従うはずですよね。

11

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく休業

5 市町村長は、新感染症の発生を予防し、又はそのまん延を防止するため必要があると認めるときは、当該新感染症を一類感染症とみなして、第35条第4項において準用する同条第1項に規定する措置を当該職員に実施させることができる。 R01. (死体の移動制限等) 第30条 都道府県知事は、一類感染症、二類感染症又は三類感染症の発生を予防し、又はそのまん延を防止するため必要があると認めるときは、当該感染症の病原体に汚染され、又は汚染された疑いがある死体の移動を制限し、又は禁止することができる。

12