三峡 ダム 中国。 中国・三峡ダム、「人類史上最も悲惨なダム決壊事故」の危険…被災者6億人、工業地帯水没

三峡ダムが決壊すると中国が崩壊して日本にどんな影響が出るのか?

「中国の世紀 鍵にぎる三峡ダムと西部大開発」p79 藤村幸義 中央経済社 平成13年12月25日初版発行• 長江の河口部にある上海では都市機能が完全に麻痺し、市民の飲み水すら枯渇してしまう。

16

中国「三峡ダム」決壊危機、日本に責任転嫁!? 武漢が被災で“バイオハザード”懸念も

夏の雨は収束したようですが、気象台では秋雨への警戒を呼び掛けています。

19

結果として貧困問題の解決に寄与 別視点から見た中国・三峡ダム建設

これまでのテーマには以下のようなものがあります。

2020年11月14日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

ダム下流平均水位66mを考えると、目で見えるダム全体の高さは47階建ての高層ビルに相当します。 万一、ダムが決壊するようなことがあれば、長江流域の広大な土地が洪水に見舞われ、穀倉地帯は壊滅して、数千万人の犠牲者が出るだろう。

11

中国三峡ダムの水位、入水量、出水量(日本時間9月3日20:00現在)

「三峡ダム建設」は成功したのか? 革命歌をあれだけ歌わせた薄熙来時代(2007~12)の重慶市は、「重慶モデル」の左派的パッケージとは裏腹に、フォックスコンやヒューレットパッカードなど、グローバル資本主義の一翼を担うような巨大企業の工場を誘致することに成功した。 四川盆地では雨は残りますが、豪雨はなさそうです。 最近も「第5波」の洪水が起き、同集団は流入量が過去最高の毎秒7万5千立方メートルとなると発表していた。

1

三峡ダム 【地図・場所・歴史・目的・問題点・決壊の可能性】

三峡ダム決壊の危機2020 2020年6月、三峡ダム上流の重慶市で1940年以来最大の洪水が発生し、最高水位が10~20メートルに達しました。

1