うつ 病 セルフ チェック 厚生 労働省。 健康セルフチェック

健康セルフチェック

神経は「中枢神経」(脳と脊髄)と体中に張り巡らされている「末梢神経」に分けられます。 週の半分以上、起きなくてはならない時間より30分以上早く目が覚める 2. 対象年齢 指定なし 提供形式 web記事 8020推進財団 〔歯・口腔の健康〕 歯・口の状態について9つの項目をチェックすることで、歯周病の危険度を知ることができます。

7

うつ病に関してまとめたページ|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

強い骨にするために日常生活でもカルシウムを多く摂取するように心がけるなど、生活習慣上の対応を考えていくのが「精神療法・カウンセリング」にあたります。 落ち着かない• たとえば骨折を例にとってみますと、骨が折れてしまった場合には、患部をいたわりギプスを巻いてあまり使わないようにします。 なお、新型うつ病や現代型うつ病といったものは、専門家の用いる診断基準には存在せず、そのため定義もありません。

うつ病の症状チェックシート|うつ病こころとからだ

つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 バセドウ病が疑われた場合の検査は、血液中の甲状腺ホルモンである遊離T4,遊離T3と甲状腺刺激ホルモン(TSH)およびTSH受容体抗体(TRAb)の4項目を採血して測定します。 「うつ病」とは 精神活動が低下し、抑うつ気分、興味や関心の欠如、不安・焦燥、精神運動の制止あるいは激越、食欲低下、不眠などが生じ、生活上の著しい苦痛や機能障害を引き起こす精神疾患です。

糖尿病とこころ

ココオルうつ病診断チェックとは? 食欲がない• こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。

9

糖尿病とこころ

このように苦痛な症状を軽減し休養を有効に取りやすくすることによって、自然治癒力を引き出そうというのが「薬物療法」です。 注意 このチェックシートは、医師に相談する際に、症状を的確に伝えるためのものです。

19

手引・冊子・パンフレット(事業者・上司の方へ/支援する方へ)|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

「(1)うつ病とは」で説明したように、脳のエネルギーが欠乏した状態をうつ病と考えると、義務感が強く、仕事熱心、完璧主義、几帳面、凝り性、常に他人への配慮を重視し関係を保とうとする性格の持ち主は、エネルギーの放出も多いということになります。 治療には、薬物療法、手術、放射性ヨード治療(アイソトープ治療)の3通りありますが、一般的にはメルカゾールか、PTU(プロパジール、チウラジール)の内服治療を行います。 (5)うつ病の治療 うつ病の治療には、「休養」、「薬物療法」、「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱があります。

5

自律神経失調症

また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。 【関連記事】 「うつ状態」 と「更年期障害」のセルフチェックリスト 上記で、「うつ状態」と「更年期障害」の症状をみてきました。

自律神経失調症

ほとんど毎日続いていていて生活に支障が出ていると 要注意ですね。 表1 うつ状態でみられる症状 1 自分で感じる症状 憂うつ、気分が重い、気分が沈む、悲しい、不安である、 イライラする、元気がない、集中力がない、好きなこともやりたくない、 細かいことが気になる、悪いことをしたように感じて自分を責める、 物事を悪い方へ考える、死にたくなる、眠れない 2 周囲から見てわかる症状 表情が暗い、涙もろい、反応が遅い、落ち着かない、飲酒量が増える 3 体に出る症状 食欲がない、体がだるい、疲れやすい、性欲がない、頭痛、肩こり、 動悸、胃の不快感、便秘がち、めまい、口が渇く 上記に記載されていなくても、様々な症状がでるのが「うつ状態」です。

10