士魂 部隊。 第11戦車隊

第11戦車隊

23日にはソ連軍の監視の下で武装解除された。

11

戦車第11連隊

士魂(しこん)とは、の魂の意味である。

8

特大発動艇+戦車第11連隊

18日16時は停戦時間であったが、なおもソ連軍上陸部隊(狙撃連隊2個と海軍歩兵大隊)は、日本軍に対して攻撃を仕掛けた。

13

特大発動艇+戦車第11連隊

戦闘経過 [ ] 上陸前の戦闘 [ ] 8月12日に、アメリカ艦隊が幌筵島などの北千島一帯にを行ったが、占守島には行われなかった。 (略)然るに何事ぞ。 戦車第11連隊は全軍の先頭に立って応戦したが、多大な損害を被り、池田連隊長以下96名が戦死、21両の戦車が失われた。

5

占守島の戦い~終戦直後、ソ連軍の侵攻を阻止し、北海道を救った士魂部隊

士魂から生したものは• さらに、から転進した精鋭のも置かれていた。

11

占守島の戦い

戦車第11連隊は27両の戦車を失い、池田連隊長以下、将校多数を含む96名の戦死者を出した。 故郷に帰る夢を脇に置いて ソ連兵が凄まじい艦砲射撃の援護の下、占守島北端の竹田浜に殺到したのは、8月18日午前1時過ぎでした。

16

占守島の戦い

両軍の状況 [ ] 大日本帝国 [ ] 日本側は、(司令官:中将)隷下の諸部隊が、対アメリカ戦を予想して占守島・幌筵島の化を進めていた。 ある者は射殺され、ある者は火炎放射で焼き殺されました。 彼らは「十一」という漢数字と「士」という文字の連想から、「士魂部隊」と呼ばれました。

12

占守島の戦いで勝利していなければ北海道はソ連に占領されていた

『【ワイド版】街道をゆく 29 秋田県散歩、飛騨紀行』朝日新聞社、2005年11月30日 第一刷発行、、42頁。 2時頃:ソ連軍先遣隊が上陸完了。 ソ連軍が上陸できる砂浜が狭い竹田浜しかなく、上陸地点が予想され、効果的に攻撃する事ができた。