烏龍茶 なぜ 鳥 と 龍 が 使 われ て いる。 2000年は辰年

行事開催の報告

「筆捕りて手習いさせし我母は今は我より拙しと云ふ」。 うまいのなんの。

16

e

洛陽の客さまよいて、梁園の秋ものがなし。 『漢書』《藝文史》「昔、仲尼没して微言絶えたり」。

須川邦彦 無人島に生きる十六人

こうして、いやな夜は明けて、十九日の朝になったが、きのうの夜、風がやんでから天候がかわって雲がいちめんに空をおおって、太陽を見せない。 風波自此去、桂水空離憂。 ところが、海底は珊瑚質の岩で、錨の 爪 ( つめ )がすべって船はとまらない。

5

57ページ目の記事一覧

「二十尋」(三十六メートル) もうあぶない。

14

e

水先案内人は、それではと、私とかたい握手をして、 「では、ごきげんよう船長。

4

57ページ目の記事一覧

明は尚武の精神が強い重農主義的な王朝であり、洪武帝も社会の最下層から身を起こした人物であったため、余りに洗練された贅沢な団茶を嫌ったのではないかと指摘されている。 ところが、わが国では寺院で用いることが出来たのになぜか余り使 用されませんでした。 旅空の月恨み見て、川辺の楼を行き来する。

10