データ リテラシー。 モデルカリキュラム(リテラシーレベル)

データを操るための「データリテラシー」の定義【第1回】

フェイスブックでは一日何枚の写真が投稿されているのか。 誤差と偏り• データ・リテラシーと言う言葉を聞いたことありますか? 簡単に言うと、「 データを読むことができて、データを理解でき、データを使って議論でき、データから得られた情報を使って意思決定ができる」能力のことです。 データを用いた研究成果は、非営利の立場でかつ学会発表の場など非営利の発表の場でのみ用いること。

6

データ・リテラシー マーティン・ファクラー

インターネットの出現で、会社はもとより個人がメディアをもったということ、そして説明責任というプレッシャーがそれを加速しているのです。 経営者も株主への説明責任がうるさく言われるようになってきましたので、その投資の根拠を説明することが求められています。 外部環境 インターネット視聴率やアクセス解析といった調査データに無関係な方は、項目3や項目4は、自分には関係ないと思うかもしれませんが、そんなことは決してありません。

8

データと統計を使って人を騙す10の方法

いや、むしろ彼らのほうが、自分の主張に近いデータを選択して使うことが多いかも知れません。 過剰なデータ、膨大なデータがありそれが職場のストレスの一因になっているとの回答が58%、情報、データ、テクノロジーに起因する問題でストレスによる1日以上の病気休暇をとったことがあるとの回答は16%となる。

1

データリテラシー / 柴田 里程 著

以下に二つの例を挙げて説明します。 「より多くのデータ」というのは万能薬ではありませんが、より多くの議論、複数の分析、精密な調査を行うことで、「より多くのデータ」は私達人間が現実世界でより良い意思決定を行っていく手助けとなります。 学べること・身につくこと ・数字を元に、データを読み解く力 ・公開されている情報を元から、社会の実情を分析する力 担当する先生 松本健太郎/データサイエンティスト 1984年生まれ。

データを操るための「データリテラシー」の定義【第1回】

その機能と特徴を作業手順の流れで一通り解説。 未来を選択する上で重要な能力の1つは「データリテラシー」 です。 「GDP」「労働生産性」 など、普段からよく目にするデータを、どのように整理していくのかを先生の分析を実際に見ながら学んでいきましょう。

19

2020 年のデータトレンド

現在も日々、インターネットのマクロデータ(インターネット視聴率調査)とミクロデータ(さまざまなサイトのアクセスデータ)をみていて、で、インターネット関連の全世界の各種公表データやデータ利用例などを紹介しています。 つまりデータリテラシー不足によるストレスが原因で、業務を休むなどで生産性が低下しているのだ。 調査はアジア太平洋5カ国で働く5288人を対象に行われ、「データリテラシーに自信がある」と回答したのは平均で20%、日本は調査五カ国中、最低の6%であった。

9