企業 コロナ 対策。 中小企業経営者の3割以上が新型コロナ対策で直面する課題を解決できず…ピンチをチャンスに変えるためにすべきこととは…?|株式会社日本シャルフのプレスリリース

【緊急レポート】WHOが「緊急事態宣言」を発表新型コロナウイルス対策 企業が今すぐ取り掛かるべきポイントとチェックリスト

5%)』と回答しました。

2

冬季の換気や保湿求める 企業向けコロナ対策指針改訂―経団連:時事ドットコム

jp また、テレワーク時にも労働基準関係法令が適用されますが、労働者が通常の勤務と異なる環境で就業することになるため、労働時間管理などに留意いただく必要があります。 BCP・防災マニュアルを従業員に浸透させるためには定期的に訓練を実施する必要がありますが、訓練のシナリオは訓練の度に変更しましょう。 また、別の記事では、国内のスタートアップ企業によるユニークな新型コロナウイルスに対する施策を紹介しています。

6

新型コロナ対策で「従業員の私生活」を制限 企業に許されるのはどこまで?【#コロナとどう暮らす】(佐々木亮)

出勤時に体温測定を行ったり、症状(例えば下記)について自己申告をしてもらう制度を導入する• 労働基準法の適用があるか否かに、外国人であるかは関係ありません。 具体的には、療養のために労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、直近12カ月の平均の標準報酬日額の3分の2について、傷病手当金により補償されます。 倦怠感• 今起きたばかりの情報をリアルタイムで知れる• 資料やきちんとした説明を行い、不安によって無暗な受診を行ったり安易な外出や体調不良を我慢しての就労をしないよう理解を求めることは、二次感染・重篤化防止につながります。

2

【緊急レポート】WHOが「緊急事態宣言」を発表新型コロナウイルス対策 企業が今すぐ取り掛かるべきポイントとチェックリスト

出社が不要な業務については、原則リモートワーク(在宅勤務)• 【FASTALERTの4つのできる】 ・災害などのリスク情報がAIによってほぼリアルタイムで検知できる ・報道ではカバーしきれない地域などの細かい情報も入手できる ・1つのサービスで自然災害、事故、事件など幅広いリスクを調査できる ・現地に行かなくてもテキスト、映像、写真で状況が把握できる 迅速なリスク情報の収集は事業の被害を抑えるための初動対応を開始する上では必要不可欠なので、リスク情報の収集をスムーズに行いたいとお考えの担当者さまは、ぜひ くださいませ。 また、労働基準法においては、平均賃金の100分の60までを支払うことが義務付けられていますが、労働者がより安心して休むことができるよう、就業規則等により各企業において、100分の60を超えて(例えば100分の100)を支払うことを定めていただくことが望ましいものです。 関係者とフランクな意見交換をしながら、 企業に合う現実的なやり方を模索し、時間をかけて定着させる努力が必要になります。

【徹底解説】コロナに対する各企業の取り組みまとめ

少しでも体調が悪い従業員は休ませる 「ただの風邪だと思う」と従業員が言っていても少しでも体調が悪そうなら、必ず休ませるか、リモートワークに切り替えましょう。

5

社員をコロナ感染から守る!企業が取るべき感染リスク低減4つの対策

労働者派遣法第29条の2により、派遣先は、自らの都合により労働者派遣契約を解除する場合には、新たな就業の機会の確保や休業手当等の支払に要する費用の負担等の措置を講じなければなりません。 参考:新型インフルエンザ等対策政府行動計画 内閣府 、社会福祉施設・事業所における新型インフルエンザ等発生時の業務継続ガイドライン 厚生労働省 、中小企業BCP策定運用指針を用いた新型インフルエンザ対策のための中小企業BCP策定指針 中小企業庁 、リスク対策. 極力人混みを避ける 2mルール• セミナー、研修、集会、会議等の延期・中止・禁止(電話会議システム・テレビ会議システム、メール等の代替手段を活用。

10