刑法 一覧。 刑法総論第1条~72条

刑罰の内容/刑事告訴・告発支援センター

改正案は1890年(明治23年)・1895年(明治28年)・1897年(明治30年)・1901年(明治34年)・1902年(明治35年)と5度にわたって議会に提出されたが、政治的な問題で廃案とされたり、(時にはやも加わった)の反対論などによっていずれも挫折してしまった。 しかも、この暴行・脅迫は、被害者の反抗を抑圧するまでの必要はないものの、著しく困難にする程度のものであることを要するとするのが、判例・通説とされています。 (業務上横領) 第二百五十三条 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

刑法総論(構成要件)

・・の法定刑加重• これら各犯罪の等について研究するのが講学上のである。 2 科料を完納することができない者は、一日以上三十日以下の期間、労役場に留置する。 『昭和38年 犯罪統計書>4. (人身売買) 第二百二十六条の二 人を買い受けた者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

17

刑法総論(構成要件)

強制性交等罪が成立する場面は強姦罪よりも広く、女性が加害者となって男性に性交等を強いる場合にも強制性交等罪が成立することになります。 2018年12月10日閲覧。

18

刑法

第百十七条 火薬、ボイラーその他の激発すべき物を破裂させて、第百八条に規定する物又は他人の所有に係る第百九条に規定する物を損壊した者は、放火の例による。 そこで,このような場合に,偶然的に生じた結果を排除する(行為者に責任を負わせない)ための論理として編み出されたのが「因果関係」です。

刑法一覧

(堕胎) 第二百十二条 妊娠中の女子が薬物を用い、又はその他の方法により、堕胎したときは、一年以下の懲役に処する。 日本国外にある日本船舶又は日本航空機内において罪を犯した者についても、前項と同様とする。 第三条 この法律の施行前にした第一条の規定による改正前の刑法(以下「旧法」という。

刑法

(非現住建造物等放火) 第百九条 放火して、現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいない建造物、艦船又は鉱坑を焼損した者は、二年以上の有期懲役に処する。 全4編、430条から成る。 また、法定刑も「3年以上の有期懲役」から「5年以上の有期懲役」へ厳罰化します。