中国 ウイルス 性 肺炎。 中国発「新型肺炎」の爆発的流行は、どこまで警戒すればいいのか

中国で原因不明のウイルス性肺炎!武漢市の海鮮市場関係者が感染|あわづニュース情報流行ネタ

世界保健機関(WHO)によると、同国での新型コロナウイルスの感染状況は、7月9日までに感染者5万3021人、死者296人。

武漢肺炎ウイルスの真相を暴露 亡命の中国ウイルス専門家証言

日本の在カザフスタン大使館のホームページでは「ギニヤト保健省次官は7日、(カザフ)国内に(新型)コロナウイルスPCR検査で陰性だった肺炎患者2万8000人が入院中であると発表した。

5

ウイルス性肺炎について

同友人は2019年12月31日に、武漢肺炎は人から人に感染する可能性があると話していた。

17

ウイルス性肺炎について

原因ウイルスによっては、特徴的な症状がウイルス性肺炎に合併することもあります。 武漢市衛生健康委員会は5日にホームページを通じ「今回の肺炎から SARSと中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ、インフルエンザなどは原因から排除した」と明らかにした。

13

中国で原因不明の肺炎拡大 「人から人へ感染報告なし」:朝日新聞デジタル

以前に紹介したように、元キャリア外交官の原田武夫氏がパンデミックの警告をしているが、それに関連することだ。

16

中国がなぜか力を入れる「隣国で『危険な未知の肺炎』が広がっている」情報の発信(西岡省二)

たとえば、ウイルスが原因となっている場合には、全身の皮疹や、口や目の粘膜の発赤がみられることがあります。

15

中国がなぜか力を入れる「隣国で『危険な未知の肺炎』が広がっている」情報の発信(西岡省二)

当時、北京当局やWHOはウイルスが人から人へ感染すると公表していなかった。

17

中国でウイルス性肺炎!原田武夫氏が警告するパンデミックの原因か?

閻さんはがっかりしたが、予想内だった。 1月16日に閻氏再び自分の発見を責任者に報告した。

中国がなぜか力を入れる「隣国で『危険な未知の肺炎』が広がっている」情報の発信(西岡省二)

これに伴い、武漢を訪れ帰国した香港人女性が2日に鼻とのどの感染症状を見せ初めて隔離措置されてから武漢を訪れて病状を見せ隔離された香港人は17人に増えた。

17