インセプション ラスト。 映画【インセプション】ラストシーン完全考察と、「トーテム」のメッセージについて考えてみる。|一理あるかもしれない話|note

映画『インセプション』の感想・考察 ラストのコマの意味&結末

その罪悪感から潜在意識に問題を抱えていましたが、アリアドネがきっかけとなり最後には モルの影と決別します。 現実の10時間は、ロバートがシドニー発ロサンゼルス行きの飛行機に乗る時を利用します。 それは、ラストのコマは止まるのか、あるいは周り続けるのか、ということ。

17

映画「インセプション」衝撃のラスト真相!感想とあらすじ解説【ネタバレあり】

設計士が構築し、複数人で夢を共有するという「インセプション」の世界観にどこか似ていませんか? こういった技術が身近になった現代の私たちに、ちょっとありえるかも…と共感を与えたことがヒットした理由の1つとも言えそうです。

2

映画インセプションラストの見解についてネタばれ

しかし、その反動からかモルは現実に対しても「ここは現実ではない」と思い込むようになり記念日の日、「現実に戻らないといけない」と言って、ホテルから飛び降りたのです。

19

映画『インセプション』のあらすじ・ネタバレ【ラストが意味深】

私の場合は「ネガティブ」な方の結末に捉えたので、「こわっ!」と思っちゃいました。 逆説的に言えば、あのラストを夢オチにする布石が無いからというのもあるけど、夢だったという解釈でも面白いし別にアリだと思う。

インセプション|ラストロバートのその後を解説|ネタバレあらすじ感想評価も!

任務失敗か?! ロバートは病院にたどり着き、金庫室の前まで来ました。 夢に入る前にコブが「ロバートの潜在意識に入る」と言いますがセリフ間違いでしょうか。 次に、夢から覚めた サイトー()がコブに仕事を依頼します。

11

インセプション|ラストロバートのその後を解説|ネタバレあらすじ感想評価も!

三木眞一郎)サイトーのライバル企業の次期社長• モルがトーテムを隠した理由 モルがトーテムであるコマを心の奥底に隠してしまったのは、 コブにトーテムを触られてしまったためにトーテムとして機能しなくなったからではないかなと思います。 謎の数字528-491 劇中でロバートが適当に言った数字 528-491。 報酬として自身の犯罪歴のもみ消しを提示されたコブは、相棒のアーサー、夢の設計士のアリアドネ、偽装士のイーサン、調合士のユスフ、依頼人のサイトーと共に、ターゲットのロバートの夢に入り込む。

7

インセプションのあらすじ解説とネタバレ考察|ラストのコマは止まるのか周り続けるのか調査

構想に20年を要し、クリストファー・ノーラン自らが書き上げたシナリオは、一見しただけでは脳内処理しきれないほどの複雑さを極めている。 そして、ドム・コブとサイトーは、アーサーも交えながら話をしますが、そんななか、ドム・コブは、亡くした嫁のモル・コブと邂逅するのでした。

映画『インセプション』の感想・考察 ラストのコマの意味&結末

虚無の世界でサイトーが銃で自殺して現実に戻った後、コブだけが残って潜在意識の投影で飛行機内のサイトーらを作り、虚無の中で子ども達に会うという結末も考えられます。 映画『インセプション』あらすじ 他人の頭の中に潜り込んで、潜在意識から情報を抜き出す産業スパイのコブ()。 「現実の世界へ戻ろう!」というコブの呼びかけにより、サイトーとコブは拳銃自殺で夢の世界を脱出(映画ではこの場面は描かれていない)。

4