シュリーマン 旅行 記 清国 日本。 シュリーマンが見た日本:武士の名誉・清潔な国民・平和な国

educationlaw.foxrothschild.com:カスタマーレビュー: シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

税関吏として採用出来るほど 漢語を習熟した 西洋人を国内だけでまかなえなかったので、 清国政府は 欧米から若者を招聘し、 漢語習得のために1年の猶予を与え、その後業務に就かせた。 ・・・遺跡好きだからね。 」という事でしょう。

シュリーマン旅行記清国・日本の通販/H.シュリーマン/石井 和子 講談社学術文庫

馬で通っても道路に寝そべって動かないので、こちらが除けるようだ。 多民族で指示系統もうまくいかなくなってたみたいで、北京市内に見せしめにバツを与えられている罪人がいっぱいいたらしい。

シュリーマン(石井和子訳)「シュリーマン旅行記 清国・日本」(講談社学術文庫): OKCHANのブログ

彼を守ってくれる幕府の役人たちも謹厳実直・清廉潔白を絵に描いたような人々ばかりである。

シュリーマン旅行記 清国・日本#2

そこに イギリス・フランス・ロシア・アメリカが、上海・香港に拠点を作り、 貿易に乗り出した頃だわ。

9

シュリーマン旅行記 清国・日本#2

その旅行記は日本語にも訳され『シュリーマン旅行記 清国・日本』として読むことができるが、ちょうど将軍徳川家茂が第2次長州征伐を奏上するため京都に向かう行列を見たことや、日本人の生活の観察など、幕末日本の一瞬が切り取られていて興味深い。 発掘にあたって、シュリーマンはオスマン帝国政府との協定を無視し出土品を国外に持ち出したり私蔵するなどした。 店屋の看板は長さ二~三メートル五十センチ、幅は五十~六十七センチある。

2

シュリーマン旅行記 清国・日本#2

と、この後 シュリーマンは 上海にも立ち寄っているので、それはまたの機会にでも…。 シュリーマンが 皇城の城壁近くの塔に登ると、視界を遮るモノはなく、 皇城を全景を見渡すコトが可能だった模様。

10

シュリーマン(石井和子訳)「シュリーマン旅行記 清国・日本」(講談社学術文庫): OKCHANのブログ

緑茶は酷い品質で砂糖もミルクも手に入らない。

20

シュリーマン旅行記 清国・日本#2

なかには習俗の認識に違和感を感じる部分もあるが、これもまた日本を感じる外国人の思考が窺えて面白い。 5万人の町に成長していた事には驚かされた。

19

シュリーマン

いまでいう公衆浴場では男女混浴に驚いているが、それを野蛮な風習とは見ないで、世界には異なる文化が存在する証左と受け止めているようだ。

13