イレッサ 薬害。 私たちが信じたイレッサ 伝わらなかった危険情報

“夢の新薬”ともてはやされたイレッサの「薬害」を裁判で問う

には常に耐性の問題がついてまわります。 タイムマシンでもなければ、後から分かったことを、承認当時の添付文書に書くことはできない。

5

イレッサ事件の概要

同じ日にアストラゼネカ社が和解協議を拒否、回答期限の1月28日には国も拒否を表明しました。 4 責任を明確の明確にして謝罪・賠償し、教訓を生かすべき 今、医療現場で、医師や患者が間質性肺炎に警戒してイレッサを使用しているとすれば、それは、多くの犠牲者が身を持ってイレッサの危険性を示したからであって、アストラゼネカ社や国が進んで責任を果たしたからでありません。

9

薬害イレッサ─教訓を生かす

第2部では、最初に薬被連の活動報告(厚労省交渉・文科省交渉ほか)を行った後、「それでもコンビニで薬を買いますか」という今回フォーラムのキャッチコピーの通り「医薬品販売の落とし穴」と題して、パネルディスカッションを行いました。 』、と見解を出しました。 死者の数はこれにとどまらず、発売後わずか半年で173人に達し、06年9月の厚生労働省発表では、副作用被害1708人、死者の数は676人となっている。

10

薬害イレッサQ&A

(2)新薬の開発や承認迅速化は、薬害イレッサの教訓をくみ取ってこそ促進されます。 答えは、「もちろん薬害です」。

20

イレッサ事件の概要

世界に先駆けて日本が初めて承認を行ったこと。

私たちが信じたイレッサ 伝わらなかった危険情報

厚労省 ・ データそのものは企業のものになっている。 4番目だから安心と考える医師はいない」と回答した。 ここが肝心です。

14

薬害イレッサQ&A

関東での訴訟は、これまで4回の口頭弁論が開かれています。 しかしながら、その論理は上述しましたように、後の時代になって急速に蓄積されたゲフィチニブに関する多くの知見に基づいた後方視的な批判となっております。

薬害イレッサ訴訟

間質性肺炎が、時に重症化し、死亡に至る副作用であることは抗が ん剤の専門医であれば、常識的なことである。 「ふつうのとは違うのを売りにした新種薬」だからこそ、何が起きるのか予想が難しく、些細なことでも「特別に警戒」するのが医療関係者の責務のはずです。

10