真木 テキスタイル。 MAKI TEXTILE STUDIO / November 2019 / 年をかさね 織をかさね

真木テキスタイルスタジオ マノス ガーデン

真木千秋さんは世界各地を旅して糸や素材に出会っては、竹林に守られたこの場所で機(はた)を織り、さらにそれをインドの工房で現地の手織り職人たちとともに一枚の布へと仕上げています。 インドを愛し、人を信じ 糸を愛し、糸の力を信じる。 その色の美しさに惹かれました。

7

MAKI TEXTILE STUDIO / November 2019 / 年をかさね 織をかさね

叩き方が全然わからなかったのですが、スタッフの方に教えてもらいつつ、叩いていたら、だんだん楽しくなってきて、小寺さんと私はノリノリで叩き続けました。

インド 真木テキスタイル工房を訪ねて

目にも美しく、とにかくどれを食べても美味しくて… 心までも充たされる素晴らしい料理でした。 真木テキスタイルスタジオ MAKI TEXTILE STUDIO 2009年、真木千秋が主催する真木テキスタイルスタジオは北インドのデラドンにganga工房を立ち上げ、それまで主に制作をしていたデリーの工房を引き上げ、制作の場を完全にganga工房へと移された。 真木さんの服もテキスタイルもステキだったし料理も美味しかったし かご編みワークショップも楽しそうだったのですが それよりなにより、私がここでもっとも楽しんでしまったのは、ジャンベでした。

14

真木テキスタイルスタジオ「いとおしい布」|(株)アーバンリサーチのプレスリリース

すべて人の手で行われる真木さんの仕事もやはり現在の日本では困難である。

10

access

その中でチーフは新作の「腰巻き」を購入していました。

3

東京出張・その1

それからしばらくして、電車を乗り間違えた小寺さんも無事到着しました。

6

東京出張・その1

さてここで! お気づきの方はいるでしょうか? 小寺さんとひろこちゃんがまだ登場していないことに。 そのずり出し糸を「折り返し織り」の手法を用いて、この記念ストールを織っています。

17