シャープ 決算 発表。 大型株シャープ(6753)の株価が決算受け急上昇!なぜ?今後はどうなる?【買い時か】 | 株式投資アナリティクス@金融×戦略コンサル

【決算速報】シャープ、上期経常が27%減益で着地・7

売上高および各利益は、2020年度第1四半期から伸長した。

4

本日の決算発表予定 … シャープ、住友電、ソニーFHなど 49社 (5月19日)

0倍の457億円に急拡大する計算になる。 【決算スコアについて】 企業の発表する決算や業績予想修正が、どの程度株価にインパクトを及ぼすかを統計的に算出した参考指標です。 発表された通期予想も820億円ということで、500億円程度と見られていた市場予想を大きく上回っており、買いの要因となりました 概観したところで、ポイントを見ていきます。

18

シャープ (6753) : 決算情報・業績 [Sharp]

・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。

3

シャープ (6753) : 決算情報・業績 [Sharp]

「デバイスは、上期トータルで前年同期並の売上げを確保したが、顧客の需要時期の違いにより、第2四半期は減収となった。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。

シャープ、テレビと白物の売上高約1割伸長

9月7日には、今年でちょうど20年の歴史を持つプラズマクラスターイオンが、新型コロナウイルスの減少に効果があることも発表した。 都合により、日程を変更する場合がございますので、ご了承ください。 4 5Gサービスへの対応 培ってきた通信技術やノウハウの活用で、国内でのサービス開始に合わせタイムリーに5G対応機を投入する。

シャープ(6753):2021年3月期連結中間決算、経常損益24,213百万円。IFISコンセンサスを上回る水準。

だが、足もとでは、新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、その動向や各国政府の対応を注視している。 このあたりの難しい見極めが求められるため、慎重な検討が必要です。

9

シャープ(6753):2021年3月期連結中間決算、経常損益24,213百万円。IFISコンセンサスを上回る水準。

2019年度通期の連結業績予想 「相応の影響は受けると思われますが、"8K+5G エコシステム"とAIoTの最先端技術で特長商品・サービスを創出するとともに、グローバルブランドの強化を図り、通期では売上高・各利益とも2018年度を上回る予想としています」 野村副社長 2018年度には米中貿易摩擦などの影響もあり、「事業拡大より収益力強化を優先するという判断の下で量から質への転換を図ったことから、2018年度は前年度を上回る最終利益を確保できた」 野村副社長 ものの、2019年度は改めて販売強化にも取り組み、収益力強化と事業拡大の両立を図っていくとのことだ。 6 IoTやクラウド、スマートライフなどのサービス事業の拡大 新規に立ち上げた(株)シャープココロライフ、(株)AIoTクラウドを活用し、全社でサービス事業の強化を進める。

19