東京 文化 財 研究 所。 東京文化財研究所

CiNii Books 著者

(平成12年)、新庁舎が完成し、旧庁舎および黒田記念館から移転、黒田記念館には展示施設が整備された。 近・現代視覚芸術研究室• 国際遺跡研究室() 黒田記念館 [ ] (大正13年)に没した洋画家・(2年() - (13年))が遺産の一部を美術の奨励事業に役立てるよう遺言したことから、(昭和3年)に黒田記念館が竣工された(設計:)。

11

研究所概要

管理室• 毎年度、編集・発行しています。 企画情報部• 同室は国際文化財保存修復協力室となり、には国際文化財保存修復協力センターに発展した。 (平成19年)4月の独立行政法人国立文化財機構発足に伴い、黒田記念館はの管轄となっている。

CiNii Books 著者

4月、と統合され、独立行政法人文化財研究所の奈良文化財研究所となった。

東文研_東京文化財研究所の役割

2.無形文化遺産の防災のための動態記録作成に関する調査研究• 文化遺産国際協力センター• 「尾高鮮之助調査撮影記録」のデータ これは,美術研究所の職員だった尾高鮮之助が1931年に白黒フィルムで撮影した,アユタヤ遺跡(タイ)にあるワット・プラ・シー・サンペットという寺院跡の写真のデータです。 2018年2月19日 平成29年度文化財防災ネットワーク事業研修会「災害時への備えとしての環境モニタリング」を開催しました()。

文化財研究所

平成28年度事業 本年度実施した事業は以下の通りです。 (昭和43年)附属機関となる((昭和59年)からは施設等機関)。 略して東文研とよばれる。

東文研_データベース・資料

5.被災資料の一時保管環境の研究• 4.文化財防災体制構築のための調査研究• The Institute continues to conduct fundamental research so as to make this movement more certain. 生物科学研究室• 2019年12月19日 令和元年度文化財防災ネットワーク事業研修会「北海道における文化財防災を考える」を開催しました()。 東京文化財研究所 当推進事業のうち、東京文化財研究所が担当している事業の実績を掲載しています。 無形民俗文化財研究室• 1930年(昭和5)、上野公園内の黒田記念館内に設立された帝国美術院付属美術研究所が前身で、1947年(昭和22)に国立博物館付属美術研究所となり、1954年東京国立文化財研究所と改称した。

16

東京文化財研究所の写真データベースとその変遷

これ以外に一般公開施設はない。 It also promotes research on traditional conservation methods that are indispensable for the preservation and transmission of diverse cultural properties and, when necessary, on development of newest conservation methods that employ modern scientific technology. 3.文化財総合データベースの構築とネットワークの確立• 日本及び東洋の、、のと修復技術について基礎研究を行い、やなどからの要請に応じて技術指導や調査を行う。

7

東文研_東京文化財研究所の役割

企画情報部は、文化財に関するさまざまな基礎的調査・研究を行い、その成果を出版物の刊行やオープンレクチャー、黒田記念館での展示などで発表するほか、収集、蓄積された資料により形成された文化財アーカイブを資料閲覧室やウェブ上で公開する。

12