Web 労政 時報。 人事メディア情報(労政時報)

《労政時報WEBセミナー》 1日でしっかり理解する 『労働基準法の基礎知識』 ~職場で必須の基礎知…

具体的な取り組みとしても、例えば、昨年私が参加したキンバリー・クラーク社の事例セッションでは、約2万人の社員が、ビデオクリップ、Podcastによるラジオ形式の放送、スクライブビデオ、3Dのバーチャル・シミュレーションなど異なるメディアを使った数分間のストーリーテリングによる学習コンテンツを継続的に学習できる環境を構築している様子が紹介されていました。 人事・労務に関するセミナー【労政時報セミナー】の開催• お申込後、受講票をメール送信致します。 企業の戦略を実現していく上で、こうした学習のあり方はもちろん重要ですが、昨今ではコンテンツがすぐに陳腐化して変化のスピードに対応できないといった課題があります。

WEB労政時報セミナー『社会保険の基礎知識』

長時間のコースやプログラムを提供するのではなく、日常の中にラーニングを行うポイントが埋め込まれるとともに、学習者は、それらを素材として各職場でコミュニティを形成し、周囲の人との対話やコミュニケーションを通して学び合うなど、学習のスケールが自発的に広がるように工夫を重ねている点が特に印象に残りました。 ATDでは、世界における人材開発の最新動向や潮流に触れることができますが、ここ数年、私自身の関心の高いテーマとして、「ラーニングのあり方の変革」が挙げられます。 メディアのご紹介 WEB労政時報は、WEBやメールマガジンを通して、人事部門の実務対応や課題解決をサポートする会員制の情報提供サービスです。

労政時報WEBセミナー『「副業・兼業」をめぐる企業に求められる対応』【半日】

また、学習者を受け身の存在とみなして学びを押し付ける形が強く出すぎると、学習者は与えられたことしか学ばず、新たなナレッジを創造したり、イノベーションを生み出すといったことにつながりづらくなるとも言えます。 ぜひご参加ください。 学習者を能動的な存在とみなし、組織側が学習を一方的に押し付けるのではなく、学習者の想いや情熱、好奇心や創造性を高め、自ら関心を持つテーマや領域を発見し、主体的に学びを生み出していくことを大切にしています。

8

《労政時報WEBセミナー》人事労務担当者としての基礎力を身につける 『人事労務担当者の基礎知識』 人…

お申込後、受講票をメール送信致します。

6

Web労政時報 第11回:ラーニングのあり方の革新(全12回)|インサイトレポート|リサーチ|WHAT WE DO|HUMAN VALUE

等級とキャリアパスの関係、等級制度のトレンドについても学びます。 請求書は郵送致しますので支払期限までにお振込みください。

4

労政時報WEBセミナー『年金の知識』

これは私見になりますが、上述したインストラクショナル・デザイナーの役割も、コンテンツの開発以上に学習環境のデザインや、情報やネットワークのキュレーションに重きが置かれるようになるのではと思います。

5

Web労政時報 第11回:ラーニングのあり方の革新(全12回)|インサイトレポート|リサーチ|WHAT WE DO|HUMAN VALUE

外資系人事コンサルタントの日本代表を経て、HRビジネスパートナー株式会社を設立。 シニア社員の活用はどの企業にとっても必須の重要課題です。 以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。

10