コロナ ウイルス 最新 長野 県。 新型コロナウイルス感染症対策について(お願いページ)/長野県

新型コロナウイルス関連情報

県内全域の感染警戒レベルをレベル1に引き下げます 県内の感染警戒レベルについて、唯一レベル3となっていた諏訪圏域についてもレベル3への引上げから14日間を経過し、圏域内の直近1週間(9月9日~9月15日)の人口10万人当たりの新規感染者数も0. 勤務時間内は万全でもマスクを外しがちな時間帯での感染=昼食・休憩時、業務後の飲食、仕事上での会食など 家庭や寮など共同生活の場• 御代田町• 医療機関の皆様へのお願い 新型コロナウイルス感染症の疑いがある方を診察された際には、管轄の保健所にご連絡をお願いいたします。 なお、レベル3は、徹底的な感染防止策を講じつつ、社会経済活動との両立を図るために全力を尽くしていく段階です。 弊社「A・コープ 宮田店」(上伊那郡宮田村 3328)に勤務している従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが 判明しました。

16

新型コロナウイルス関連情報

<外部リンク>. 1 「3密」をできるだけ避けてください。 松本圏域に「新型コロナウイルス注意報」を発出します 長野県の直近1週間(10月28日~11月3日)の人口10万人当たり新規感染者数が0. 県民の皆様へ ~新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐためのお願い~ 3月6日に行った、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための知事からの呼びかけです。

長野県 新型コロナ関連情報

飯田市• 豊丘村• 新型コロナウイルス感染症に関する 長野市長メッセージ 令和2年11月25日更新 市内の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が大幅に増加していることに伴い、長野県より、11月14日に長野圏域のがレベル4に引き上げられ、が発出されました。

5

県内の最新感染動向

長野県民の皆様に「いま、知っておいてほしいこと」を、分かりやすくお伝えしていきます。 0人を超えました。

新型コロナウイルス感染症陽性者の発生について(639~641例)/長野県

7月23日(木・海の日)からの4連休では人の往来の増加が見込まれることから、県民や事業者の皆様、そして他の都道府県から長野県にお越しになる皆様に、以下の3点についてお願いを申し上げます。 732~736例目• 茅野市• 最新の患者等の情報はでご確認ください。 そのため、過度に活動自粛を求めるのではなく、県としての感染症対策を強化することにより対応してまいります。

新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト/長野県

。 毎日の体調に注意し、本人または同居者に風邪や発熱等の症状が見られたら、自宅にとどまり、他者との接触を避けてください。 木島平村• 長野県保健・疾病対策課の電話相談窓口 026-235-7277または、026-235-7278(24時間対応) 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方に向けた個別の相談窓口 聴覚に障がいのある方をはじめ、電話での相談が難しい方は下記のFax番号等で相談をお受けします。

新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト/長野県

24人、北信圏域においては同期間の新規感染者数が13人、人口10万人当たり15. 【お問い合わせ先】 株式会社長野県A・コープ コンプライアンス室 長野市市場2-1 電話 026-284-6310 担当 山﨑・芝野• 県としては、引き続き、感染防止対策と社会経済活動を両立させる取組を鋭意進めてまいります。

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

マスクなし、飛沫感染対策なし、マイクの消毒が不十分な状況でのカラオケ 職場では• 夜間・休日 (17時15分~8時30分) : 026-226-4911(代) 新型コロナウイルスに関する専用の相談窓口• 長野圏域及び北信圏域に「新型コロナウイルス警報」を発出します 新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されており、今後の感染状況に注意が必要なため、11月4日に松本圏域、11月8日に長野圏域、11月9日に北信圏域の感染警戒レベルをレベル2に引き上げ、「新型コロナウイルス注意報」を発出したところです。 千曲市• 11月12日報道の10件のうち、1件は他自治体で届け出です。 市内では特定の場所や地域で感染が確認されたり 集団感染が発生した事例はありません 現在、須高地域で新型コロナウイルスの感染が確認されていますが、現在、須坂市内においては、特定の場所や地域で感染が確認された事例や、集団感染が発生した事例はありません。

11

新型コロナウイルス関連情報

感染拡大地域(県外)での長時間の飲食や接待を伴う飲食により感染し社内へ持ち込み• ぜひフォローをお願いします。 保健所・保健福祉事務所では、ご家庭にそのようなご連絡をすることはございませんので、ご注意ください。 この未曽有の危機を乗り切るため一致協力して、せめて人災の被害者を出さないよう自制し、コロナ禍に打ち勝ちましょう。