水滴 石 を 穿つ。 雨垂れ石を穿つとは?意味と類語や英語での表現についても

雨垂れ石を穿つ

読み方 雨だれ石を穿つ あまだれいしをうがつ 意味 どんなに小さな力でも根気よく続けていればいつか成果が得られることのたとえ 由来 『漢書』の中に出てくる「泰山の霤は石を穿ち」という言葉から 類義語 蟻の思いも天に届く、精神一到何事か成らざらん、ローマは一日にして成らず、など 英語訳 Constant dripping wears away the stone たえず垂れ落ちるしずくは石にさえ穴をあける 「雨だれ石を穿つ」はとてもためになる言葉ですよね。 「雨垂れ石を穿つ」の言い換え、反対、似た言葉 【同義語】 雨だれ石を窪む(あまだれいしをくぼむ) 【類義語】 釣瓶縄井桁を断つ/水滴石を穿つ/愚公山を移す/泰山の溜石を穿つ/牛の歩みも千里/蟻の思いも天に届く/念力岩をも通す/点滴石を穿つ/人跡繁ければ山も窪む/石に立つ矢/人跡繁ければ山も凹む/ローマは一日にして成らず/愚公、山を移す/金輪際の玉も拾えば尽きる/思う念力岩をも通す/愚公移山/一念岩をも通す/斧を研いで針にする/蚤の息さえ天に昇る/精神一到何事か成らざらん/塵も積もれば山となる/鉄杵を磨く 【対義語】 —. たとえ力が足りなくとも、根気よく続けることが最後には成功につながるという教えです。 「雨垂れ石窪む」とも。

19

【本日の名言】「水滴石を穿つ」の意味は?読み方は?この名言を残したのは羅大経?枚乗とはどんな人物?

一回一回の井戸の使用に関してはこすれる程度は些細なものでしょうが、長年繰り返していると一本の木材で出来た井戸の縁が釣瓶縄でこすり続けられたことで切断されるということを言っているわけです。 川柳の伝統的な特性に「三要素」と呼ばれているものがあります。 「穿つ」を適切に知って、上手く使いこなせるようにしましょう! 「穿つ」の読み方と意味 「穿つ」は< うがつ>と読みます。

ことわざ/雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)とは?

小さな下町の工場で誰にも見向きされなかったが、 雨垂れ石を穿つでやっと努力の成果が実り、世界一位の技術を勝ち取ることができた。

水滴石を穿(うが)つ (平成27年7月)

私も、どちらかといえば継続力にはあまり自信がないです。 そして、毎日続けている何気ない習慣が、 実は大きなことに役立っているかもしれません。 要するに、毎日の朝晩の勤行と唱題をしっかりと続けて、学校の勉強や習い事もなまけずしっかり続けていきなさい、ということです。

1

【本日の名言】「水滴石を穿つ」の意味は?読み方は?この名言を残したのは羅大経?枚乗とはどんな人物?

「穿ったことを言う」「穿っている」などと聞いたことがあると思います。 『漢書・枚乗伝』には「泰山の霤は石を穿ち、単極の航は幹を断つ」とある。 なので、結果が出たときには、自分にちょっとしたご褒美も大事だと思います。

16

ことわざ/雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)とは?

こうしたちょっとしたことの積み重ねが、成績の 良い子を作り、受験も成功させるのかもしれません。

6

水滴石を穿(うが)つ (平成27年7月)

制限時間のある時には不向きなフレーズではありますが、 そうでないものには、水滴石穿はとても希望的です。 」最後には重い刑罰を判決した。 毎日朝晩の勤行をするにも、体が元気な時も疲れてくたくたな時も、眠たいときでも、休まず毎日続けていくことが大事なのです。