か た おか あつし。 衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト

浅岡厚(あさおかあつし)公式サイト|九十九里町議会議員

「国民主権だから国民投票ですべて決めればよい」という単純な発想を取るのではなく、国民投票に付する前にその案文について国会での慎重な審議を行い、党派を超えて幅広い合意形成を図ることこそ、民主主義のあるべき姿なのです。 支え合い、助け合いの社会を 変化に対応し、将来に不安を抱える人を社会全体で支えるため、「みんなの税をみんなのために使う」税制など財政を通じて皆で支え合う社会保障へと転換し、自己責任型社会から、お互いに支え合う社会とします。

13

プロフィール|九十九里町議会議員 浅岡厚(あさおかあつし)

とすると、学校教育もそれを前提としたものとしなければなりません。

2

衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト

淡口しょうゆをベースに柚子胡椒らしい色と風味を生かしたピリ辛のたれです。 周囲からは、「温厚で激高する姿など見たことはなく、怒ることすらめったにない」という声も聞かれますが、大島さんは「唯一、選挙は別だ」と話しています。

14

杉山あつし公式サイト

4

衆議院議員 大島あつし(埼玉6区) 公式WEBサイト

大島さんは、昭和31年に埼玉県北本市で生まれました。 私は、憲法改正の発議のために「国会議員の3分の2の賛成」を条件とする現行憲法の規定を変える必要はないと考えています。 なぜなら、憲法改正のために、国会での決議と国民投票が条件として定められているのは、憲法が改正を「国会と国民の共同行為」として位置付けていることを意味しているからです。

3

浅岡厚(あさおかあつし)公式サイト|九十九里町議会議員

しかし、今の政治では私が大切にしてきたきちんとした議論はないがしろにされています。

2