小村 雪岱。 資生堂アートハウス「小村雪岱展 -挿絵、装幀、雪岱版画-」を開催|株式会社資生堂のプレスリリース

小村雪岱

大正3年()、泉鏡花の『』の装幀を行ない、以後と並び、多くの鏡花作品を装幀、多色摺りによる挿絵の仕事を手がけた。 平田雅樹「雪岱装幀本リスト(未定稿)」 , pp. おかしくならないほうが、おかしい。

川越市立美術館で「小村雪岱」展 昭和初期に装丁・舞台装置で活躍

「夜の雨」 木版画 1943年 高見沢木版社 刊行文献 [ ] 自著• 在学中より泉 鏡花の知遇を得、1914年に書き下ろし小説『日本橋』の装幀を依頼されて以降、鏡花本を始めとする数多くの装幀を手掛けることになりました。

18

1097夜『小村雪岱』星川清司

もっと早々にデュアルスタンダードにとりくんでいなければならなかったのである。

17

マルチアーティスト小村雪岱の原画を堪能する展覧会 《小村雪岱 「雪岱調」のできるまで》

これは当たっている。 法名は園林院雪岱日閣居士。 工芸品は、資生堂が主催した「現代工藝展」(1975-1995)出品作が中心となり、竹工芸、漆芸、陶芸共に重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品が大半を占めます。

14

川越市立美術館で「小村雪岱」展 昭和初期に装丁・舞台装置で活躍

3月11日まで。 展覧会の概要や、メディア記事の一覧、ツイッター・フェイスブックの投稿・口コミ情報などを見やすく掲載しています。 そんな雪岱を一躍有名にした仕事が、昭和8年 1933 に朝日新聞に連載された邦枝完二(くにえだかんじ)作「おせん」の挿絵でした。

4

開催中の展覧会|展覧会案内|資生堂 アートハウス

その後、雪岱や矢部の原案をもとに資生堂書体の制作は進み、一九二七年(昭和二年)に完成。 ひとつは肺癌手術をしたあと、事務所が導入してくれたリクライニングチェアだ。

6