ニュー プロ パッチ 添付 文書。 医療用医薬品 : ニュープロ (ニュープロパッチ2.25mg 他)

医療用医薬品 : ニュープロ (ニュープロパッチ2.25mg 他)

今回は大きく分けて4つの改訂指示が出されています。

9

ロチゴチンによる横紋筋融解症、アロプリノールによる無菌性髄膜炎、DAAの重要な基本的注意改訂など〜2020年2月25日添付文書改訂指示

5mg(・)• 5).横紋筋融解症(頻度不明):筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

19

ニュープロパッチ2.25mg

令和2年2月25日、厚生労働省医薬・生活衛生局は、新たな副作用が確認された医薬品等について、添付文書の使用上の注意を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 副作用 (添付文書全文) パーキンソン病:パーキンソン病患者を対象とした国内第2相、第3相及び長期投与試験において、739例に本剤が投与された。

16

ニュープロパッチ2.25mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

国内比較対照試験のロチゴチン投与群において、開始用量 4. (「 2. ロチゴチン貼付剤による横紋筋融解症添付文書改訂の対象となる医薬品は以下のとおりです。

3

ニュープロパッチ2.25mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

肝障害 健康成人8例及び中等度の肝機能障害者8例(Child-Pugh分類B)に本剤4. 服用に際して自己判断を行わず医療従事者の指示にしたがってください。 カベルゴリン(カバサール錠):上記に加えて髄液鼻漏・視野障害の再発• 副作用(1)重大な副作用 3)悪性症候群」の項参照) 本剤を含めたドパミン受容体作動薬の投与により病的賭博(個人的生活の崩壊等の社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、持続的にギャンブルを繰り返す状態)、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食等の衝動制御障害が報告されている。 なお、年齢、症状により適宜増減できるが、1日量は6. 重要な基本的注意 に以下の内容が追加されます。

12

医療用医薬品 : ニュープロ (ニュープロパッチ2.25mg 他)

[貼付部位の温度が上昇すると本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。

12

ニュープロパッチ2.25mgの薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

引用元: ちなみに、改定前の添付文書は以下の内容です。 21%がそれぞれ尿中及び糞中に排泄された。 突発的睡眠を起こした症例の中には、傾眠や過度の眠気のような前兆を認めなかった例あるいは投与開始後1年以上経過した後に初めて発現した例も報告されている。

10

MRI検査時に剥がす必要のある貼付剤・テープ製剤まとめ【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

本剤は肩、上腕部、腹部、側腹部、臀部、大腿部のいずれかの正常な皮膚に貼付し、24時間毎に貼り替える。

ニュープロパッチはパーキンソン病治療に使用する貼り薬

4.In vitro安全性薬理試験において、イヌプルキンエ線維の活動電位持続時間に対して弱い延長作用を示し、また濃度依存的に急速活性化遅延整流カリウム電流を阻害(hERGによりエンコードされる)した。

14