黒川 辞任。 元雀荘店員が証言「多い時は週3回」 黒川前検事長は10年以上前から「賭博常習犯」だった

公明幹部、黒川検事長に辞任要求→誰がチクったのかなぁ

一方、産経新聞社は「取材源の秘匿は報道機関にとって重い責務だと考えており」文春側に対して「取材に関することにはお答えしておりません」と回答していた が、その後の社内調査で所属記者が数年前から複数回にわたり賭け麻雀をしたことを認め、謝罪した。

15

黒川辞任で安倍「一強」体制に陰りが生じ官僚も背を向け始めた

西武時代の東尾投手の掛けマージャンによる摘発は堤義明と敵対するあのオッチャンが政権にやらせたとマスコミ報道で言われていませんでしたかね。 法務省勤務が長く、官房長や事務次官などを歴任し、2019年1月に東京高検検事長に就任した。 加えて、捜査が進んでいる河井夫妻逮捕の可能性もささやかれています。

17

稲田検事総長が退官拒絶、後任含みで黒川氏に異例の定年延長

同誌が事実確認を求めたのに対し、黒川氏は口を開かなかったという。

6

週刊文春2020年6月4日号

林氏は法務省刑事局総務課長、官房人事課長など同省の本流を歩み、「法務・検察のプリンス」と目されてきた。 これを受けて黒川検事長が辞任する意向を固め周囲に伝えていることが関係者への取材で分かりました。

13

黒川前検事長が新聞記者と賭け麻雀していた本当の理由

法務事務次官だった稲田氏が16年夏、官房長の黒川氏を地方の検事長に出し、刑事局長の林氏を自らの後任にする人事案を官邸に打診したところ、黒川氏を事務次官とするよう求められ、受け入れた。

9

黒川辞任で安倍「一強」体制に陰りが生じ官僚も背を向け始めた

特捜検察、20年戦争」(朝日新聞出版)、「検察: 破綻した捜査モデル」 新潮新書。 同じような配慮から、戦後の日本ではがを持ちながらも、検察側が決めた案をするが続いてきた。 幹部の定年を最長3年延長できる「特例規定」が「黒川氏の定年延長を後付けした」とやり玉に挙がり、著名人らのツイッターに野党は勢いづいた。

15

異例の黒川人事に激怒 稲田検事総長が放つ「逆襲の一手」|日刊ゲンダイDIGITAL

この時代には、そんな行為もとがめ立てされなかったし、そもそも記者クラブのなかなどといった新聞記者の現場や取材プロセスなどに、人々がさほど関心を持っていなかったように思う。 6月4日、法務省の刑事局長は黒川が退職したことによって「事件の捜査に特段の支障は生じない」と答弁した。

7