融通 無碍。 融通の意味と融通無碍

「融通無碍」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 仏教での「融通」は、別の物事が融けあうことで通い合い、助け合ったり支え合ったりすることを表しています。

6

融通無碍――人生哲学〈4〉

無下と無碍の使い分け方 無下と無碍という言葉は、どちらも「むげ」と読み、「無」という共通する漢字を含む熟語ですが、意味や使い方は異なります。 履歴書・職務経歴書を作成する• 銀行側は「融資」を実行する側となります。 無下は名詞ですが、「無下に」という副詞で使われることが多い言葉です。

1

「融通無碍」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

現在、浄土宗が開催して下さる24時間不断念仏会や、夜通しの不断念仏会「ミッドナイト念仏」にも、なんだか通じる気が致します。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。

20

「万物は因果で結び合う」融通無碍という考えの意味・使い方|四字熟語|趣味時間

04 「無碍」と「無下」の意味の違いと使い分け 「無下」と「無碍」という言葉をご存知でしょうか。 無碍の類語 無碍の類語・類義語としては、分の意のままに振る舞うことができることを意味する「自由」、自分の思うとおりにできることを意味する「自在」、その場に応じた処置や判断のできるさまを意味する「柔軟」などがあります。

9

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

。 このように、「融通」と「無碍」は似た意味の単語であることが分かります。 私としては、仏教的な意味による「融通」によって、結果論として金銭的な都合がつく、くらいの在り方の方が理想的であると思う今日この頃に御座います。

15

融通無碍とは臨機応変に人間関係での協調性や連帯感を身につける修行

全てのことが関わりながら存在して世界が調和することを仏教で「融通無碍」と表し、これが語源になっています。

11

融通無碍の意味とは?使い方と語源・類語と反対語を簡単に解説!

「融通無碍」の反意語 「融通無碍」の反意語は「四角四面」 「融通無碍」の反意語は「四角四面」です。 融通無碍の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。

融通の意味と融通無碍

「無」は「〜ではない、〜はしない」を意味します。 華厳宗には無碍法界というものがります。

【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

ぜひ活用してください。 例文1にある「無碍自在」は障りや妨げが無く自由自在であるこを意味し、無礙自在とも書きます。