鹿野 祐嗣。 『ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究: 出来事、運命愛、そして永久革命』短評

『ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究: 出来事、運命愛、そして永久革命』短評

鈴木泉氏、立木康介氏推薦。 フェア• 松原さんは千葉雅也と鹿野裕嗣の論争について書いていましたね。

ドゥル-ズ『意味の論理学』の注釈と研究 / 鹿野 祐嗣【著】

( 2020年2月)• 2013年9月 - 2014年8月 パリ第一大学 哲学部 博士課程• )つまり、千葉雅也たち批評界隈はサドでいう二〇世紀の現代思想の段階のドゥルーズの論者であり、鹿野さんの段階は「ドゥルーズをその明証性において考察する」という状態なのではないでしょうか。

8

鹿野祐嗣とは

2012年4月 - 2016年3月 早稲田大学 文学研究科 表象・メディア論コース 博士課程• 鹿野祐嗣も認めていますが、はとの邂逅以降、への視座を転回したため、『意味の論理学』に対する自身の評価は低くなります。 和雑誌• そのため、ともすれば『差異や反復』と『アンチ・』が(すなわち初期ととの邂逅以降の後期が)混交されて、あるいは『差異や反復』よりも『アンチ・』が(すなわち初期よりも後期が)重要視されて、論じられます。

14

ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究 出来事、運命愛、そして永久革命 : 鹿野祐嗣

海外マガジン• 『日本の銀行と金融組織』 1994• 経歴 [ ]• 同書はジル・ドゥルーズの初期哲学を代表する著作である『意味の論理学』について文献学的方法によって注釈を行い、その政治性を明らかにする内容である。

18

ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究 出来事、運命愛、そして永久革命 : 鹿野祐嗣

『金融政策』酒井良清,共著 有斐閣アルマ 1999• 第一節 出来事の超越論的哲学と存在の一義性• 井上雅人• 【目次】(「BOOK」データベースより) 序論 『差異と反復』の概要と存在論的な永久革命としての永遠回帰(差異と反復の哲学における存在論的な原理と価値批判の原理の一体性/クロソウスキーのニーチェ解釈、あるいは「強度」の概念と「一貫性」の着想の起源について/『差異と反復』における永遠回帰の哲学と、そのよくある誤解(バディウ、ジジェク、その他)/存在論的な革命、あるいは革命的な存在論(ドゥルーズの差異の哲学における政治的性格について))/第1章 命題と意味、あるいは経験的な事態と超越論的な出来事(第三次整序から第二次組織へ)(出来事の超越論的哲学と存在の一義性ー『意味の論理学』導入/ドゥルーズの命題論理学ー命題の三つの次元と意味/構造における空虚な桝目ー存在論的な永久革命の原理/ドゥルーズと揺籃期の分析哲学(フレーゲ、ラッセル、マイノング)/指示対象なき意味の問題と実在論の系譜(リミニのグレゴリウス、ドゥンス・スコトゥス、アヴィセンナ)/隠遁者から革命家へー『意味の論理学』におけるストア派哲学と賢者像の変貌)/第2章 物体=身体の深層とその二つの相貌、宿命に抗する運命愛(第二次組織から第一次領域へ、また第一次領域から第二次組織へ)(『差異と反復』から『意味の論理学へ』-精神分析への態度の変化と連動した存在論的な枠組みの変化(アルトーとキャロル)/力動的発生(1)-妄想分裂ポジション(クラインとドゥルーズ)/力動的発生(二)-抑うつポジション(続・クラインとドゥルーズ)/力動的発生(三)-性ポジションと去勢(危害なきエディプス・コンプレックスと父の威嚇なき去勢)/力動的発生(四)-性ポジションにおける系列形式と言葉の形成要素の獲得/力動的発生(五)-永遠回帰の反実現的な空想、ポテンシャル・エネルギーとしての死の本能あるいは自我なき思考)/第3章 出来事の永遠回帰、その実現と反実現(第二次組織から第三次整序へ)(ガタリ以前のドゥルーズとラカンー象徴的な構造の位置づけとその変様/永遠回帰における離接的総合(ボルヘス、クロソウスキー、ライプニッツ)/存在論的な静態的発生ー離接的な諸系列の収束と対象=xの同定、個体と人物の形成(ドゥルーズによるライプニッツ再読)/論理学的な静態的発生(第三次整序の形成)と永遠回帰の宇宙論/系列形式の意義と各系列の概要)/結論 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 鹿野祐嗣(シカノユウジ) 1988年生まれ。

6

ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究 出来事、運命愛、そして永久革命 : 鹿野祐嗣

『金融システム』共著 1996• 二一世紀は必ずやサドをその明証性において考察することになるだろう。

12

楽天ブックス: ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究

ジャンルでさがす• 一昨日ようやく古書ソオダ水に『前衛アンソロジー』を届けることができました。 テクストから盲目になってしまう危険性を常に警戒しつつ、表層に留まる。 そしてすべての読者たちよ、これがドゥルーズだ。

13

鹿野祐嗣とは

ジャンルでさがす• 新井茂晃• 2016年4月 - 現在 日本学術振興会 特別研究員PD• 一九世紀はサドを黙殺することに、あるいはサドを検閲することに専念した。 「ドゥルーズに帰れ」を旗印に、研究状況の刷新をはかる野心作の登場。

鹿野祐嗣とは

明治時代に女子高等師範学校などを介して全国へと広まった洋服の裁縫技術教育は戦後の洋裁文化の基盤を作り、そのレガシーによって日本のファッション文化は発展してきました。 いまだ先行研究の少ない『意味の論理学』を徹底的に読み解くことで、一九六〇年代ドゥルーズ哲学の核心にある「永久革命」の思想を再燃させる。

14